“ご意見番”マーブリーが再びレブロンに苦言?「相手の目線に合わせず、弱い者いじめのバスケットボールをする」

“ご意見番”マーブリーが再びレブロンに苦言?「相手の目線に合わせず、弱い者いじめのバスケットボールをする」

マーブリーはレブロンの凄さを認めつつも「相手に目線を合せることなく、弱い者いじめのバスケットをする」と語った。(C)Getty Images

NBAは目下プレーオフの真っ只中だが、新型コロナウイルスの感染防止のため、オーランドのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート内に設けられたバブル(隔離地域)で開催されている。従来のホームコート・アドバンテージがなく、無観客下での試合は選手たちにとっても未曾有の挑戦だ。

 ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズは、第1シードながら8月18日(日本時間19日)のファーストラウンド初戦で第8シードのポートランド・トレイルブレイザーズにアップセットを食らって敗れた後、「今年のプレーオフの雰囲気は違うと、俺は言い続けている。俺たちはファンのいないバブルにいる。だけど、ゲームプランに従っている限り、俺の何かが変わるわけではない」と、例年との環境の違いについて語った。

 これに反応したのが、元NBA選手で、現在は中国バスケットボールリーグCBAの北京ロイヤルファイターズでヘッドコーチを務めるステフォン・マーブリーだ。インスタグラムのライブ配信で、NBAの“キング”に言い訳無用とばかりに物申した。

「彼はファンがいないなか、違った形で得点をしている。バブルにファンは1人もいない。(新型コロナウイルスに)感染してもいいから、ファンに応援してもらいたいのかい?」
  レブロンは前述の第1戦で23得点、17リバウンド、16アシストを記録し、プレーオフ史上初の20得点、15リバウンド、15アシスト以上でのトリプルダブルを達成(自身プレーオフ通算24回目)しながら敗戦。一方、大金星を挙げたブレイザーズは、絶対的エースのデイミアン・リラードが34得点(3ポイント13本中6本成功)、5リバウンド、5アシストの活躍で勝利に貢献した。

 アレン・アイバーソンやコビー・ブライアント、レイ・アレンと同じ1996年ドラフト組で、現役時代は攻撃的ポイントガードとして鳴らしたマーブリーは、ある疑問を投げかけている。

「それにしても、なんで世間の連中はデイミアン・リラードがNBAでベストプレーヤーだという話をしないんだ?」

 マーブリーは、史上初のプレーイン・ゲームを制してプレーオフ最終スポットに滑り込んだブレイザーズの大黒柱こそが、現時点でのbPプレーヤーだと考えているという。レブロンに関しては「偉大じゃないとは言っていない」と断りつつも、独自の見解を展開している。
 「レブロン・ジェームズは信じられないような素晴らしいバスケットボールプレーヤーだ。ただ、彼は決して相手に目線を合せることなく、弱い者いじめのバスケットをする。俺がデイミアン・リラードこそ今のNBAでベストプレーヤーだと言って腹を立てているかい? 所詮バスケットボールだし、俺の意見に過ぎない。現在進行形でゲームは行なわれているし、他の誰かがベスト(プレーヤー)だったとしてもOKだ」

 マーブリーは今年3月、ヘリコプター墜落事故で41歳の若さで亡くなったコビーについて語った際、「コビーがもたらしたものについて議論する際、(今レイカーズでプレーする)レブロンのような選手を引き合いに出す必要はない」と世論を一蹴し、「レブロンは真のレイカーじゃない」と一刀両断していた。
  2007年、レブロンは「俺とナイキは、自分たちの水準を高く保っている」と語り、リーズナブルな商品展開をしていたマーブリーが立ち上げたブランド「スターブリー」を間接的に揶揄。それ以降、マーブリーはレブロンに敵対心を強く覗かせてきた。

 レブロン擁するレイカーズは初戦こそ落としたが、その後は本来の姿を取り戻して連勝。さらに本日の試合でも135−115とブレイザーズを圧倒し、カンファレンス準決勝進出に王手をかけた。はたして、レブロンは今季自身4度目のNBAチャンピオンに輝き、マーブリーの辛辣な意見を見返すことができるだろうか。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】35歳を迎えても未だ衰え知らず!NBAの“キング”レブロン・ジェームズ特集!
 

関連記事(外部サイト)