WWEロウ女子王者アスカが、次期挑戦者に対し余裕の「カモン!カモン!来いや!」

WWEロウ女子王者アスカが、次期挑戦者に対し余裕の「カモン!カモン!来いや!」

次の挑戦者に関してインタビューを受けたアスカ。(C)2020 WWE,Inc. All Rights Reserved.

世界最大のプロレス団体WWEは日本時間1日、主力ブランドのロウをアメリカ・フロリダ州、オーランドのアムウェイセンター『WWEサンダードーム』から世界配信した。

 ロウ女子王者アスカが次期挑戦者に関してインタビューを受けると「誰でもいいわ。かかってこいや!こっちは準備できてるんじゃ。ベイリー、ベッキー、ナイア、サーシャと強い女たちを撃破してきた。私は何にでも準備できているから誰が相手でも問題じゃない」と王者としての貫禄を示した。

 するとそこへミッキー・ジェームスが「何にでもだって。アスカはすごいと思うから私が挑戦してあげる」とリングに登場すると、ナタリア&ラナも姿を現して舌戦を展開。これにアスカが「おうおう!やかましいわ!誰とでも闘ってやるから黙れ」と怒り出し乱闘となると、アスカはヒップアタックでラナを蹴散らした。

 続けてアスカ解説の中、ミッキーとラナのシングル戦が決定すると、ミッキーがスピンキックでラナから3カウントを奪取。試合後、ミッキーが王座戦を要求するかのようにアスカを指さすと、アスカは「カモン!カモン!来いや」と挑発合戦となったが、アスカの表情には余裕が満ち溢れていた。
 “忍者”戸澤陽がRトゥルースの術中にはまって24/7王座から陥落した。
 
 忍者軍団と共に車で会場入りした戸澤だったが、「名前がリストにない」と入り口の警備員に止められてしまう。これに戸澤は「俺は24/7王者だぞ」と車から降りて自身でリストをチェックすると、リストは白紙で警備員がレフェリーシャツを着ていることに気づいた。しかし、その直後に戸澤は背後からRトゥルースに丸め込まれて3カウント。

 王座陥落した戸澤はレフェリーを車に押し込んで王座奪還に成功して逃げるRトゥルースを追いかけた。戸澤とRトゥルースの24/7王座を巡る闘いはまだまだ続きそうだ。

◆WWEロウ◆
2020年9月1日配信(日本時間)
アメリカ・フロリダ州オーランド
アムウェイセンター『WWEサンダードーム』
▼シングルマッチ
○ミッキー・ジェイムス(片エビ固め)ラナ●
※スピンキック
▼24/7選手権試合
<王者>●戸澤陽(エビ固め)Rトゥルース○<挑戦者>
※戸澤が防衛に失敗、トゥルースが新王者となる

文●どら増田

関連記事(外部サイト)