「俺たちの対決は重要じゃない」バトラーが過去に“舌戦”を繰り広げたスマートについて言及

「俺たちの対決は重要じゃない」バトラーが過去に“舌戦”を繰り広げたスマートについて言及

バトラー(左)とスマート(右)はどちらもタフで強靭なメンタルを誇る。両者のマッチアップは激戦になること必至だ。(C)Getty Images

9月15日(日本時間16日、日付は以下同)に幕を開けるボストン・セルティックスとマイアミ・ヒートによるイースタン・カンファレンス決勝は、NBAファイナル進出をかけた大一番であり、激戦が期待されている。

 セルティックスにはキャリア3年目でオールスター選手へと成長を遂げたジェイソン・テイタム、攻守兼備のジェイレン・ブラウン、オールスター選出4度を誇るケンバ・ウォーカーの“ビッグ3”、さらに2年連続でオールディフェンシブ1stチーム入りしたマーカス・スマート、右足首捻挫で欠場していた元オールスターのゴードン・ヘイワードもシリーズ中に復帰できる見込みとなっている。

 一方のヒートは闘将ジミー・バトラーを中心に、こちらも3年目でオールスターに上り詰めた万能ビッグマンのバム・アデバヨ、ベテランのゴラン・ドラギッチ、ジェイ・クラウダー、百戦錬磨のアンドレ・イグダーラ、そしてヤングコア(ダンカン・ロビンソン、タイラー・ヒロ、ケンドリック・ナン)といった有望なタレントが揃っている。

 そんななか、注目が集まっているのがヒートのエースでクラッチシューターでもあるバトラーと、セルティックスが誇るディフェンシブストッパーのスマートのマッチアップだ。
  今季両選手がレギュラーシーズンで対決したのは1試合のみ。マッチアップした時間帯はわずか1分38秒ながら、スマートはバトラーをフィールドゴール0.0%(0/2)、3ポイント0.0%(0/1)の無得点に抑えている。

 また、両者は2017年のプレーオフ1回戦でもマッチアップしていた。同年セルティックスはイーストトップシードで、当時バトラーが所属していたシカゴ・ブルズはイースト8位ながら、最初の2試合を終えてブルズが2連勝を飾った。

 それでもセルティックスは第3戦から息を吹き返して4連勝。2回戦へ駒を進めたのだが、当時のバトラーはこんなことを口にしていた。

「彼(スマート)は見事な役者だ。タフに演じている。それこそ彼がこなしていることさ。だが俺のことをイライラさせるのはお門違いさ。彼は誰か違う相手にそれをやるべきで、俺には通用しない」

 バトラーの挑発ともとれる発言に対し、闘争心旺盛なスマートは「それを聞いて俺は笑ったよ。これはセルティックスとブルズによる対決であり、俺とジミーのバトルじゃない。それに俺は演じるようなタイプじゃない。俺のアクションというのは言葉よりも大きなものなのさ」と切り返した。
  2014年にセルティックスに入団したスマートは、オールディフェンシブチームに3度選出されている一方で、フロッピング疑惑のプレーも散見される。しかし彼の泥臭いプレーが試合の流れを変えるのも事実。

 トロント・ラプターズとのカンファレンス準決勝の第7戦では残り約1分にノーマン・パウエルのレイアップをブロック。このビッグプレーで相手の息の根を止め、チームは勝利を収めた。

「ハッスル、ブロック、それにタフネス……。彼はこのチームでも大きな部分を占めている。彼はこの組織において重要なパートなんだ」とブラッド・スティーブンス・ヘッドコーチ(HC)もこの26歳のガードを絶賛しており、ヒートとのシリーズでも大きな役割が与えられることだろう。

 だがバトラーはあくまでチームとしての対戦だと強調している。

「俺はこのシリーズを自分と彼による対決だとは見ていない。彼1人でチーム勝たせることはできないからね。ただそれは俺も同じで、俺1人の力でヒートを勝たせられるわけじゃない。つまり、俺たちは互いにどうすればチームの勝利を助けることができるかにフォーカスしているということ。1対1や俺たちの対決は重要じゃない」
  セルティックスはバトラーに対して、ブラウンやテイタムをマッチアップさせる時間帯も出てくるかもしれない。だが試合終盤でスティーブンスHCは確実にスマートをバトラーへぶつけてくるだろう。

 1回戦ではレギュラーシーズン中に舌戦を繰り広げたTJ・ウォーレン(インディアナ・ペイサーズ)を圧倒したバトラー。イースト決勝という最高の舞台で、スマートが講じるタフでフィジカルなディフェンスをかいくぐって点を奪うことができるのか。この点もシリーズの見どころのひとつになりそうだ。

文●秋山裕之(フリーライター)

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!

関連記事(外部サイト)