八村塁がオールルーキー2ndチーム入り!日本人初、ウィザーズでも史上5人目の快挙

八村塁がオールルーキー2ndチーム入り!日本人初、ウィザーズでも史上5人目の快挙

八村は100人の東京で計74ポイントを集めた。(C)Getty Images

9月15日(日本時間16日、日付は以下同)、NBAは2019−20レギュラーシーズンにおけるオールルーキー1stチーム、2ndチームを発表した。

 今季開幕から3月のシーズン中断までを選考期間とし、100人のスポーツ記者と放送関係者による投票で選出された今季を代表するルーキーたちは以下のとおり。
※チーム名は略称、カッコ内は昨年のドラフト指名順位

■2019−20オールルーキー1stチーム
ジャ・モラント(グリズリーズ/1巡目2位)
ケンドリック・ナン(ヒート/ドラフト外)
ブランドン・クラーク(グリズリーズ/1巡目21位)
ザイオン・ウィリアムソン(ペリカンズ/1巡目1位)
エリック・パスカル(ウォリアーズ/2巡目41位)

■2019−20オールルーキー12ndチーム
タイラー・ヒロ(ヒート/1巡目13位)
テレンス・デイビス(ラプターズ/ドラフト外)
コビー・ホワイト(ブルズ/1巡目7位)
PJ・ワシントン(ホーネッツ/1巡目12位)
八村塁(ウィザーズ/1巡目9位)

 1stチーム票は2ポイント、2ndチーム票が1ポイントで合計ポイントによって決まるオールルーキーチーム。今年の1stチームには新人王に輝いたモラント(200ポイント)が唯一の満票で選出。2位と4位には同賞の最終候補に入ったナン(計197ポイント)とザイオン(計176ポイント)。そしてクラーク(計189ポイント)がザイオンを上回る得票数でランクイン。また、リーグワーストに沈んだウォリアーズで活躍したパスカル(計116ポイント)が最後の枠に入り込んだ。
  一方、惜しくも1stチーム入りを逃したのはヒートでローテーション入りしているヒロ(計115ポイント)。わずか1ポイント差で2ndチームとなった。なお、2ndチームではヒロのほか、ドラフト外のデイビス(計96ポイント)、ホワイト(計90ポイント)、ワシントン(計88ポイント)、そして日本が誇る至宝の八村(計74ポイント)が名を連ねた。

 日本人史上初のオールルーキーチーム入りとなった八村は、ウィザーズ(前身のブレッツ時代を含む)の選手としては史上5人目で、2ndチーム入りはジャービス・ヘイズ(03−04シーズン)以来だ。
  八村は規定数に達したルーキーとして全体5位の平均13.5点、トップとなる6.1リバウンドに加え、10得点・7リバウンド以上をあげた試合数(18)でも首位に立っている。

 だが鼠径部の負傷により、23試合を欠場した点が響いたのだろう。そしてザイオン(19試合のみの出場)やクラーク、パスカルよりもポイントが集まらなかったのは、プレースタイルにあったのかもしれない。

 22歳という年齢とは思えないほどの落ち着きを持つ八村は、安定感では今季のルーキーでトップ3には入るだろうが、誰が相手であろうとがむしゃらにプレーするルーキーらしさという面ではインパクトが足りなかったのではないだろうか。

 とはいえ、全体的に見て、今季のルーキーは好素材が多く、数年後には史上有数の豊作年と評されることになる可能性を秘めている。
  昨年のドラフト1巡目3位指名のRJ・バレット(ニックス/計61ポイント)は、平均14.3点、5.0リバウンド、2.6アシストを残すも落選。同5位指名のダリアス・ガーランド(キャバリアーズ/14ポイント)、同4位指名のディアンドレ・ハンター(ホークス/11ポイント)は1stチーム票を得られず、平均10.5点を残したキャム・レディッシュ(ホークス/10位指名)には2ndチーム票さえも入らなかった。

 八村には1stチーム入りするのではないかという期待もあったが、結果としては2ndチームの最終枠にとどまった。とはいえ、自身の名前をNBAアウォードに刻むことができたことは称賛に値する。

 来季以降、ここで紹介してきたルーキーたちの中でオールスター入り、あるいはオールNBAチーム入りするのはいったい誰になるのか。今後の成長を期待したいところだ。

文●秋山裕之(フリーライター)

関連記事(外部サイト)