サイ・ペイインが単独首位の7アンダー発進。1打差に鈴木愛、古江彩佳ら4選手【デサントレディース東海】

サイ・ペイインが単独首位の7アンダー発進。1打差に鈴木愛、古江彩佳ら4選手【デサントレディース東海】

初日7アンダーのサイ・ペイイン。ボギーなしの完璧なゴルフで単独首位スタートを切った。(C)Getty Images

9月18日、JLPGAツアー第6戦『デサントレディース東海クラシック』が愛知県・新南愛知カントリークラブ美浜コースにて開幕。大会初日を終え、サイ・ペイインが7アンダーの「65」で単独首位スタートを切った。

 ボギーなしの7バーディという完璧な内容で回ったサイ・ペイインは台湾出身の29歳。昨季はステップアップツアーの『ECCレディス ゴルフトーナメント』で優勝を飾り、今大会ではJLPGAツアーの初優勝を狙う。この日はインスタートの18番から後半2番で3連続バーディを奪取するなど、終始安定したゴルフを貫いた。
  1打差の6アンダーには、藤田さいき、鈴木愛、古江彩佳、吉本ここねの4人が並んでおり、今季2勝の笹生優花は4アンダーの10位タイで初日をフィニッシュ。今季1勝で今大会にホステスプロとして出場している小祝さくらは3アンダーの15位タイ、先週のメジャー初制覇を飾った永峰咲希は2アンダーの26位タイにつけている。

構成●THE DIGEST編集部

関連記事(外部サイト)