ガソル、イバカ、ヴァンブリートがFAに。今季終了後にロースター変更が予想されるラプターズ

ガソル、イバカ、ヴァンブリートがFAに。今季終了後にロースター変更が予想されるラプターズ

ガソル(左)、イバカ(中)、ヴァンブリート(右)という主力3選手が制限なしFAとなるラプターズ。(C)Getty Images

昨季NBAを制したトロント・ラプターズは、2連覇を目指してプレーオフに臨むも、ボストン・セルティックスとのイースタン・カンファレンス・セミファイナル最終戦に惜敗したことで、大舞台から姿を消した。

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!

 シーズン終了から数日が経過した9月15日(日本時間16日、日付は以下同)。ラプターズはニック・ナースHC(ヘッドコーチ)と複数年におよぶ延長契約を結んだことを発表。2013−14から17−18までの5シーズンでアシスタントコーチを務め、昨季ヘッドコーチへと昇格したナースHCは、昨季フランチャイズ史上初のNBAチャンピオンへと導き、今季は53勝19敗を残し、チーム史上最高勝率となる73.6%をマーク。

「トロントはこの7年間というもの、私のホームになっています。これから先もホームになることをうれしく思います。私はこの組織が成長を遂げ、頂点まで達したことを見てきました。さらなるチャンピオンシップを勝ち取る手助けをすべく、新たなチャレンジを楽しみにしています」。

 ラプターズはチーム史上2度目のチャンピオンとなるべく、来季以降もナースHCの下で覇権奪取を目指して戦っていくこととなる。
  もっとも、来季も現有戦力を保持できるかは微妙だ。今季終了後、ラプターズはマルク・ガソル、サージ・イバカ、フレッド・ヴァンブリートという主力3選手が制限なしフリーエージェント(FA)になるほか、ロンデイ・ホリス・ジェファーソン、クリス・ブーシェといったロールプレーヤーもFAとなる。

 現時点で、来季の総年俸は約8508万ドル(約88億4832万円)のため、キャップスペースにはまだ余裕があるものの、ガソル、イバカ、ヴァンブリートの3人に高額契約を与えることは厳しいだろう。

 地元メディア『TSN Sports』によると、ラプターズのマサイ・ウジリ球団社長は「フレッドが最優先。最も重要になる」とヴァンブリートとの再契約を最優先にしていると発言しており、ガソルとイバカという2人のビッグマンについても優先事項と見ているようだ。

 35歳のガソルについては、来季以降ヨーロッパでキャリアを続けることを熟考していると『EUROHOOPS.NET』が報じており、NBAに残るとしても再契約するためには高額年俸の提示は避けられない。
  また、9月18日に31歳を迎えるイバカについては、複数のチームが獲得を狙うことが予想できる。攻守両面で現代のスタイルにフィットでき、エネルギッシュなプレーでチームにエナジーを持ち込むハードワーカーだけに、もしヴァンブリートと高額契約を結ぶとなれば、引き留めるのは難しいだろう。

 そして気になるのは球団社長の状況だ。17日にウジリ氏本人が球団側と契約延長の交渉がまだできていないことを『ESPN』へ明かしており、このままでは来季終了後に契約が満了する。ラプターズを豪華戦力へと仕立て上げた功労者がチームを離れるとなると、今後のフランチャイズの方向性についても疑問が出てきてもおかしくはない。
  ラプターズは昨秋に延長契約を結んだパスカル・シアカムこそ23−24シーズンまで契約下にいるものの、カイル・ラウリーは来季が契約最終年。ノーマン・パウエルは21−22シーズンがプレーやーオプションで、OG・アヌノビーは来季終了後に制限付きFAになるため、来季終了後にロースターが大幅に変わる可能性を秘めている。

 そうした状況下で、昨季の覇者はどのようなチームを構築していくのか。今季終了後の動向に注目していきたい。

文●秋山裕之(フリーライター)

関連記事(外部サイト)