渋野日向子、4番ホール途中で荒天中断。現在1アンダーの34位タイ【ポートランドクラシック】

渋野日向子、4番ホール途中で荒天中断。現在1アンダーの34位タイ【ポートランドクラシック】

渋野は3番でバーディを先行。4ホール目の第4打を打つ手前でホーンが鳴り、中断となった。(C)Getty Images

山火事による大気汚染の影響で、3日間54ホールの短縮日程となっているLPGAツアー『キャンビア ポートランドクラシック』が一日遅れで18日に開幕。渋野日向子は4番ホール途中で荒天のため試合中断となり、現在1アンダーの34位タイとしている。

【シブコPHOTO】笑顔弾ける渋野日向子の厳選ショット!プロテスト時の貴重な一枚も

 先週の『ANAインスピレーション』で今季初の予選通過を果たした渋野。初日は、クリスティーナ・キム、ジェイ・マリー・グリーンと同組でのラウンドとなった。前半1、2番をパーセーブすると、3番ではバーディを先行。4番ホールのグリーン上にきたところで、ホーンが鳴り中断となった。
  今大会には渋野を含め、日本勢5名が出場。河本結、野村敏京は2オーバーでホールアウトしており、山口すずかが3オーバーで前半折り返し。上原彩子は前半8ホールを終えてイーブンパーとしている。畑岡奈紗は、山火事による大気汚染の影響を懸念し、出場を見送った。

構成●THE DIGEST編集部

関連記事(外部サイト)