渋野日向子 順延の最終ホールはパー。1アンダーでフィニッシュし、続けて第2ラウンドへ【ポートランドクラシック】

渋野日向子 順延の最終ホールはパー。1アンダーでフィニッシュし、続けて第2ラウンドへ【ポートランドクラシック】

日没順延となった初日の残り1ホールを終え、渋野は1アンダーで第2ラウンドへ突入した。(C)Getty Images

LPGAツアー『キャンビア ポートランドクラシック』がオレゴン州ポートランドのコロンビアエッジウォーターCCにて開催され、大会初日、残り1ホールを残して日没サスペンデッドとなった渋野日向子は、残り1ホールをパーで終え、1アンダーの「71」で第2ラウンドをスタートする。

【シブコPHOTO】笑顔弾ける渋野日向子の厳選ショット!プロテスト時の貴重な一枚も

 初日は4番の途中で雷雨接近により一時競技がストップし、約1時間の中断を挟み再開。そこから3連続バーディを奪うなど好調さを見せ、5バーディ、2ボギー、1ダブルボギーで初日を終えた。
  今大会には渋野を含め、日本勢5名が出場しており、河本結、野村敏京は2オーバー、上原彩子は3オーバー、山口すずかは4オーバーで初日を終えている。畑岡奈紗は山火事による大気汚染の影響を懸念し、出場を見送った。

構成●THE DIGEST編集部

関連記事(外部サイト)