来季のNBA開幕は1月?アダム・シルバー コミッショナーが新シーズンと東京オリンピックについて言及

来季のNBA開幕は1月?アダム・シルバー コミッショナーが新シーズンと東京オリンピックについて言及

シルバー・コミッショナーは1月の開幕プランを明かしたが、「1月にオリンピックをベースに決断を下すというのは非常に難しいことで、今後どのようになっていくかは不明確」とコメントした。(C)Getty Images

9月22日(日本時間23日、日付は以下同)。NBAコミッショナーのアダム・シルバーが“The CITIZEN by CNN 2020 Conference”へ出演。『CNN』のボブ・コスタスへ2020−21シーズンの開幕時期や来年7月に開催予定の東京オリンピックについて言及した。

 NBAは7月30日からフロリダ州オーランドにあるウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートでシーズンが再開し、現在はプレーオフのカンファレンス・ファイナルが行なわれている。ファイナルは9月30日の開幕を予定しており、第7戦までもつれた場合は10月13日まで試合が開催される。

 そこで気になるのは新シーズンの開幕時期だ。第二幕のスケジュールを通達した際、NBAは12月1日から来季を開幕させるプランを明かしたが、そうなると今季ファイナルへ進出した2チームのオフは2か月(通常は約3か月)もない。トレーニングキャンプを踏まえると1か月前後しかないため、NBAとNBA選手会(NBPA)が今後話し合いをしていくと複数の現地メディアが報じていた。

 そこでコミッショナーは“最も可能性が高い推測”として、早くても来年1月からシーズンをスタートさせることを明かした。レギュラーシーズンは通常通りの82試合で、観客を入れたうえで開催したいと話しており、それまでに新型コロナウイルスがどこまで終息しているかが鍵となる。
  そして気になるのは東京オリンピックだ。来季を12月に開幕させるというプランの背景には、リーグ側がオリンピックへNBAのトップ選手を送り込むからではないか、という見方もできた。だが仮に1月の開幕で82試合をこなすとなれば、レギュラーシーズン終了は約6か月後。つまりプレーオフ出場チームに所属する選手たちのオリンピック出場は事実上不可能となる。

 昨年、中国で行なわれたFIBAワールドカップで、アメリカ代表チームが歴代ワーストとなる大会7位に終わったことで、ステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーン(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)、デイミアン・リラード(ポートランド・トレイルブレイザーズ)らが出場希望を明言。カワイ・レナード、ポール・ジョージ(ロサンゼルス・クリッパーズ)も出場に前向きなコメントを残していた。

 だが1月の開幕で82試合をこなすのであれば、プレーオフに出場する選手たちがオリンピックという国際大会の舞台へ立つことは厳しいと言わざるを得ない。
 「(NBAには)アメリカ出身の素晴らしい選手たちが多くいます。ただし、オリンピックの舞台でNBAのトップ15に入る選手たちが競い合うことはできないかもしれません」(シルバー)

 ただ、ここ数年のNBAには毎年110名前後のインターナショナルプレーヤーがおり、プレーオフ進出を逃してしまったチームの選手たちがオリンピックへ出場するシナリオは十分考えられる。

「NBAでプレーしている多くの外国籍選手たちが、それぞれの国と地域からオリンピックへ参加するでしょう。それこそ、我々が働きかけていかなければならないことです。(NBAとオリンピックという)ふたつの競争について熟考し、何か新たな方法を模索していくことになります」
  NBA30チームのうち、プレーオフへ進出するのは16チーム。来季プレーオフ出場を逃した14チームからオリンピックへ出場する選手がいる場合は、NBAのオールスター選手が数名ロースターに名を連ねることは可能かもしれない。

 とはいえ、オリンピックについてはコミッショナーも「我々が計画していることです」と口にしつつも、「1月にオリンピックをベースに決断を下すというのは非常に難しいことで、今後どのようになっていくかは不明確です」と話すにとどまった。

 新型コロナウイルスの感染が終息していなければ、来夏にオリンピックが開催されない可能性も十分あるだけに、現時点で判断するのは時期尚早ということなのだろう。

 ただ、ひとつ言えるのは、NBAが選手たちをオリンピックへ送り込むことについて前向きに考えているということ。もしオリンピックが開催されるのであれば、アメリカは金メダルを奪還すべく、その時点で可能な限りベストな布陣を形成するのではないだろうか。

文●秋山裕之(フリーライター)

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!
 

関連記事(外部サイト)