シャックとバークレーは確執が生まれる寸前だった?現役時代の乱闘騒動後に仲を取り持った人物とは…

シャックとバークレーは確執が生まれる寸前だった?現役時代の乱闘騒動後に仲を取り持った人物とは…

NBA解説者として共演するシャック(右)とバークレー(左)。現役時代には乱闘劇を起こしたが、ある人物の仲裁ですぐに和解したという。(C)Getty Images

殿堂入り選手であるシャキール・オニール(シャック)とチャールズ・バークレーは、現在ともにNBA番組『Inside the NBA』のアナリストを務めている。番組内で絶妙な掛け合いを見せている仲睦まじい2人だが、現役時代には乱闘騒動を起こして確執が生まれる寸前だった。その危機を救ったのは、両者の母親だという。

 事件が勃発したのは、1999年11月10日にヒューストンで行なわれたロサンゼルス・レイカーズ対ヒューストン・ロケッツの一戦だった。当時36歳と現役ラストイヤーだったロケッツのバークレーが、第2クォーター残り9分3秒にゴール下でパスを受けてポンプフェイクからシュートを狙った際、レイカーズのグレン・ライスからファウルを受ける。その直後、頭付近に出されたままだったシャックの右手を振り払うような仕草を見せると、シャックがバークレーを突き飛ばすと同時に、バークレーはボールをシャックの頭部に投げつける衝撃の行動に。一瞬の間があった後、取っ組み合いとなり、両チームの選手とコーチが入り乱れる大騒動となった。

 2人はこの乱闘騒動で試合半ばにして退場処分となったが、ロッカールームに戻るとシャックの元に予期せぬ電話があったという。シャックは『The Tonight Show Starring Jimmy Fallon』で21年前の出来事を振り返っている。
 「俺とチャールズは一戦を交えた。彼が俺の頭にボールを投げつけたんだ。『チャールズ、俺はあんたのことをリスペクトしているが、今ぶん殴らないと気が済まない』って感じだったよ。俺は左手でパンチを繰り出したが、彼は外側に動いてかわし、俺を掴んでコートに引き倒した。ロッカールームに戻ったら、俺の母親とチャールズの母親から電話があったんだ」

 バークレーの母親チャーシー・グレンと、シャックの母親ルシール・オニールは仲が良かったというが、2人から心を改めるように諭されたという。

「もしもし?」(シャック)
「チャールズの母親よ。あなたのお母さんも電話口にいるわ」(チャーシー・グレン)
「どうしたの?」(シャック)
「喧嘩はやめなさい。私はすでにチャールズと話したわ。彼はあなたと通路で会うつもりよ。仲直りしなさい。あなたたちは世界で最も偉大なプレーヤーの2人なの。私たちは子どもたちの前で争うことを望んでいない」(チャーシー・グレン)
  シャックはバークレーの母親のアドバイスに耳を傾け、その後、アリーナの通路でバークレーとハグして和解。“子どもの喧嘩”に親が介入する形で確執は回避することができたが、「本気じゃなかった」とシャックは明かす。

「スポーツの時に起こる衝動的な出来事のようなもんだ。決して個人的な恨みもなければ、チャールズを憎んでもいない。だけどボールを投げつけられた時、ぶん殴らないと気が済まなかった。ただそれだけさ」
  実際、バークレーも引退後のインタビューで、「そんな大事になるとは思わなかった。ただ、これはNBAにおけるバトルだ。女性同士の争いと違ってそんなに長く続いたわけじゃない。彼は親友だし、一緒に仕事をするのも楽しいから誰も傷つかなくて良かったよ」と回想している。

 スポーツには多少のいざこざや乱闘は付き物。それでも、ひとつの確執が引退後の不仲にもつながりかねない。現在のシャックとバークレーの軽快な掛け合いを見ることができるのは、2人の母親のおかげといっても過言ではないだろう。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!

関連記事(外部サイト)