レブロンも「本当に貴重」と称賛するロンドが、オフに他球団へ移籍か?セカンドキャリアを見据えた決断は…

レブロンも「本当に貴重」と称賛するロンドが、オフに他球団へ移籍か?セカンドキャリアを見据えた決断は…

ファイナルで平均8.7点、5.5アシストを記録し、優勝に貢献したロンド。オフにはFAになれる権利を有するが…。(C)Getty Images

ロサンゼルス・レイカーズに加入して2年目の今季、ラジョン・ロンドは貴重なリザーブとして活躍し、自身2度目のNBAチャンピオンに輝いた。

 ロンドが前回優勝したのはキャリア2年目の2007-08シーズン。ボストン・セルティックスでポール・ピアースやケビン・ガーネット、レイ・アレンらとともに勝ち取ったものだった。

「僕にとってはものすごく長かった。この舞台に戻り、自分の評価を取り戻すべくやってきた。このチャンピオンシップにおいて、重要な役割を果たせたことは本当に最高だし、自分の人生においてこれから先もずっと忘れないだろうね。今回は9歳の息子と最高の経験を共有できて、ものすごく感謝している。12年前、息子はまだ生まれていなかった。息子と優勝を分かち合い、家で娘も観てくれているなんて夢のような感覚さ」

 マイアミ・ヒートとのNBAファイナルを4勝2敗で制し、優勝を決めた直後の会見でロンドはそう振り返り、12年ぶりの栄冠を喜んだ。
  NBA史上、東西の両雄であるレイカーズとセルティックスの2チームで優勝を経験したのは、ロンド以外ではクライド・ラブレットのみ。ラブレットは1954年に当時ミネアポリスに本拠地を置いていたレイカーズ、63、64年にセルティックスで優勝している。よってロンドは“ロサンゼルス”レイカーズとセルティックスで優勝を味わった史上初の選手となった。

 ロンドにはプレーオフで真価を発揮するという一面から、“プレーオフ・ロンド”という異名がある。事実、通算成績ではレギュラーシーズン(平均31.0分、10.2点、4.7リバウンド、8.3アシスト、1.7スティール)よりも、プレーオフ(平均35.9分、13.3点、5.9リバウンド、9.0アシスト、1.8スティール)の方が軒並み好成績を残している。

 だがロンド本人はこのニックネームをあまり好んでおらず、10月13日(日本時間14日)に出演した『ESPN』の「The Jump」で、その理由をこう明かしていた。

「僕のキャリア全体を見てほしい。確かにこの数シーズンというもの、いくつかケガに見舞われたし、挫折することもあった。だけど僕は、いつだってハイレベルなパフォーマンスを見せてきたんだ。それに僕はいろんなことに対してうまく対処してきたし、すごくいいキャリアを送ることができていると思うね」
  今年のプレーオフで計105アシスト(平均6.6本)を積み上げたベテランは、プレーオフ通算アシスト数で1086本となり、NBA歴代6位に浮上。レイカーズでともにプレーメーカーを務めるレブロン・ジェームズは、かつては敵として何度も激突してきた頼れるチームメイトをこのように評している。

「相手のディフェンスを的確に分析することができ、ゲームがどういう流れになっているのかも把握できる。このリーグでそんなことができるヤツはそう多くない。特にポストシーズンでは本当に貴重なんだ。(ロンドが)チームにいることで、間違いなく助けてくれる」

 そんなロンドにとって次に注目されるのが、オフの去就だ。『BASKETBALLNEWS.COM』のクリス・シェリダン記者によれば、ロンドは来季の契約(プレーヤーオプション)を破棄して完全FAになると見込みだという。

 来季もレイカーズに残れば年俸262万ドルとなるが、貴重なバックアッパーとして優勝に貢献した司令塔は、他チームに移ればさらに多くの金額を手にすることができるだろう。では、来年2月に35歳を迎えるベテランはどこに向かうのか。
 「僕は絶対にコーチになりたい。実はボストンを離れてから、コーチになるための準備をしているんだ。これまでに教わったコーチたちから学んでいる。どのように振る舞っているのか、どんなタイミングでタイムアウトをコールしているか、タイムアウト中にどうやってプレーを描いているのか。あとは練習の進め方やスピーチなどについてもね」

 シカゴ・ブルズ在籍時の2017年、ロンドは引退後のプランについて『Chicago Tribune』へこのように明かしている。今年もケガで戦線離脱中にアシスタントコーチのような役割を与えられ、若手選手たちを鼓舞していた。

 そういった事情から、来季はグレッグ・ポポビッチHC率いるサンアントニオ・スパーズやスティーブ・カーHCのいるゴールデンステイト・ウォリアーズ、さらにファイナルで対戦したエリック・スポールストラHCのヒートといった、名将が率いるチームへと移籍し、コーチングについて学びながらプレーする可能性もあるのではないだろうか。

文●秋山裕之(フリーライター)

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?