「ルカ、レイカーズに来てくれ!」黄金期構築を望むマジック・ジョンソンがドンチッチにラブコール

「ルカ、レイカーズに来てくれ!」黄金期構築を望むマジック・ジョンソンがドンチッチにラブコール

レイカーズのレジェンド、マジック・ジョンソン(左)がマブズのドンチッチ(右)獲得を熱望?(C)Getty Images

2019-20シーズンのNBAは、ロサンゼルス・レイカーズの歴代最多タイとなる17回目の優勝で幕を閉じた。“キング”ことレブロン・ジェームズを中心に、来季はリーグ2連覇を目指すことになるが、球団のレジェンドであるマジック・ジョンソンのある“仰天発言”が注目を集めている。

 NBAファイナルでマイアミ・ヒートを破り、今年1月にヘリコプター墜落事故で亡くなったコビー・ブライアントに捧げるリーグタイトルを手にしたレイカーズ。連覇を狙うなかで気になるのは、オフに契約が切れる選手の動向だ。

 レブロンと同じくチームを牽引したアンソニー・デイビス(年俸2709万ドル/約30億円)、ファイナルでいぶし銀の活躍を見せたケンテイビアス・コールドウェル・ポープ(年俸849万ドル/約9億円)、控えガードとしてチームを支えたラジョン・ロンド(年俸256万ドル/約2億7000万円)は、いずれもプレーヤーオプションを破棄して完全FA(フリーエージェント)になる見込み。デイビスに関しては、レイカーズと再契約する方向で代理人のリッチ・ポールとミーティングの場が設けられるとされている。
  デイビスの慰留は連覇を目指すうえでは不可欠だが、球団のOBで、2017年2月~19年4月まで球団社長を務めていたマジックは、デイビスが来季以降もレイカーズでプレーすると確信しているようだ。『ESPN』の番組「First Take」に出演した際、このように語っている。

「私はアンソニー・デイビスが戻ってくる可能性に関してポジティブだ。これはデイビスとレイカーズにとって素晴らしいシチュエーションだ。彼はレイカーズのプラットフォームに加わったことで、今やワールドクラスの認知度を誇っている。デイビスとレブロンが来シーズンもコンビを組めば、2連覇は十分できる。そして、レイカーズに残留して、のちにレブロンが引退した時は、彼のチームだ。彼がレイカーズを次の王朝に導くことになる」

 いずれはレイカーズが“デイビスのチーム”になると予測したマジック。突如、パーソナリティーのマックス・ケラーマン氏から「ルカ(ドンチッチ)が必要だね?」と投げかけられると、「私はルカ(ドンチッチ)のことは気にかけていない。まさに今のことを話しているんだ」と交わした。
  しかし、ケラーマン氏が「レイカーズが今後10年間成績を残し続けるには、デイビスがレブロンに代わるスーパースターを必要としている」と食い下がると、冗談交じりに笑顔で「確かにそうだ。ルカ、レイカーズに来てくれ! 私はぜひそうしてもらいたい」と回答した。

 2年目のシーズンを終えたばかりのドンチッチは、ダラス・マーベリックスの新たなフランチャイズプレーヤーとして君臨しており、2022年に制限付きFAとなるまではマブズの契約下にある。将来的にもマブズが簡単に手放すとは考えにくいが、マジックの中には、デイビスとドンチッチの強力デュオが誕生した場合、レイカーズ王朝は盤石という思いが少なからずあるようだ。

 新シーズンに関してマジックは、レイカーズ、ゴールデンステイト・ウォリアーズ、デンバー・ナゲッツ、ロサンゼルス・クリッパーズをウエストの“4大パワーハウス”と予想。特にステフィン・カリー、クレイ・トンプソンが復活するウォリアーズを警戒しつつも、レイカーズが引き続きトップを維持すると見立てている。
 「私はステフとクレイのファンだ。彼らには健康になって戻ってきてほしいし、ドレイモンド・グリーンのことも好きで常に応援している。だけど、結局のところはレイカーズがウォリアーズを打ち負かすだろう。(同じロサンゼルスを拠点とする)クリッパーズにはリーダーがいない。カワイ(レナード)はスーパースターで、攻守両面で優れている。ポール・ジョージもスーパースターになれる。だけど、レブロンは世界最高のプレーヤーにして、最も偉大なリーダーだ。それがクリッパーズにはない」

 果たしてマジックの目論見どおり、レイカーズは今後数年にわたって黄金期を築き上げることができるか。そしてその時、チームの中心には誰が君臨しているのだろうか。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】レブロン級の逸材!スロベニアが生んだ若き天才、ルカ・ドンチッチの厳選フォト特集!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?