キャブズの「歴代ベスト5」を選定!初優勝に導いたレブロン&アービングの2大スターとともに名を連ねたのは?

キャブズの「歴代ベスト5」を選定!初優勝に導いたレブロン&アービングの2大スターとともに名を連ねたのは?

創設50周年を迎えたキャブズの歴代ベスト5。レブロン&アービング(左)のほか、80〜90年代を支えたプライス(右下)、ナンス(左上)、ドアティ(右上)が名を連ねた。(C)Getty Images

1946年の創設から74年。その長い歴史の中でNBAは何人ものスーパースターを輩出し、ファンを楽しませてきた。では、各チームの「歴代ベスト5」を選出したら、一体どんな選手が並ぶのか。『THE DIGEST』では、NBAに精通する識者に依頼し、全30チームのベストメンバーを選んでもらった。

 今回は、1970年の創設から50周年を迎えた「クリーブランド・キャバリアーズ」編をお届け。キャブズと言えばもちろん、“キング”レブロン・ジェームズ。2003年のドラフト1位で入団後、瞬く間にチームを強豪に押し上げ、4年間の移籍期間を経て2016年に球団初優勝に導いた超人的活躍は記憶に新しい。チームの歴史は“レブロン前”“レブロン後”に別れると言っていいが、歴代ベスト5はどのような顔ぶれになるのだろうか。
 【ポイントガード】
マーク・プライス

1964年2月15日生。183cm・77kg
在籍期間:9シーズン(1986〜95)
成績:582試合、平均16.4点、2.6リバウンド、6.7アシスト

 1986年のドラフトでは2巡目25位指名とルーキー当時の評価は高くなかったが、チームがプレーオフの常連になる過程でトップ選手としての地位を確立。一般的に、レブロンに次ぐキャブズ史上2番目に偉大なプレーヤーと称される。キャブズでの9年間でオールスター出場4回、オールNBAチームにも4回選出されている(いずれも1989、92、93、94年)。

 最高級のフロア・ジェネラルであり、とりわけブラッド・ドアティとのピック&ロールは絶品だった。また、リーグを代表するシューターでもあり、1988−89シーズンにはラリーバードに次ぐ史上2人目、歴代でも8人しか達成していない“50−40−90”(シーズンの成功率でフィールドゴール50%、3ポイント40%、フリースロー90%以上を記録すること)も成し遂げている。1994年には世界選手権(現ワールドカップ)でアメリカ代表“ドリームチーム2”に選ばれて金メダルを獲得するなど、フランチャイズの看板として残した功績への評価は高い。
 【ポイントガード】
カイリー・アービング

1992年3月23日生。188cm・88kg
在籍期間:6シーズン(2011〜17)
成績:381試合、平均21.6点、3.4リバウンド、5.5アシスト

 プライスと合わせてPGが2人ということになってしまうが、チーム史上最大のビッグショットを決めたアービングはもちろん外せない。2016年のファイナル第7戦、同点で迎えた最終盤にステフィン・カリーとの1オン1から鮮やかな決勝3ポイントを成功。このリードを守り切ったキャブズは、1勝3敗からの大逆転という劇的な形で球団初優勝を遂げた。その美しい弾道は今後も語り継がれ、チーム史に残るハイライトシーンとして記憶されていくはずである。

 この一撃があまりにも印象的だが、キャブズでの6シーズンで平均21.6点、5.5アシストとハイレベルな数字を残したことも忘れてはならない。ドラフト全体1位指名というプレッシャーをものともせず、初年度に新人王を獲得。当初は援護がなかったためになかなか勝利は掴めなかったが、爆発的な得点力と、ゴール周辺でのフィニッシュの上手さには一見の価値があった。2014年のオールスターではMVPを獲得するなど、大舞台での強さも特筆されてしかるべきだろう。
 【スモールフォワード】
レブロン・ジェームズ

1984年12月30日生。206cm・113kg
在籍期間:11シーズン(2003〜10、14〜18)
成績:849試合、平均27.2点、7.3リバウンド、7.3アシスト

 選出理由についてはもはや説明不要だろう。地元オハイオ出身の怪物は計11シーズンにわたってキャブズに在籍し、通算出場試合数、出場時間、得点、アシスト、リバウンド、スティールなどでフランチャイズ記録を保持。ルーキーイヤーを除く10シーズンでオールスター出場&オールNBAチーム選出を果たし、2度のMVP受賞(残りの2回はヒート在籍時代)といった輝かしい実績を積み重ねた。同時に、レブロンが属している間のキャブズは常に全米最大級の注目チームであり続けた。

 2016年のファイナルでは大本命のウォリアーズを1勝3敗からの逆転で下し、悲願の球団初優勝。栄冠を手にした直後、「クリーブランド!This is for You!(この勝利はあなたたちのためのものだ)」と叫んだ場面はリーグ史に残る名シーンと言える。2010年にヒートへの移籍を表明した際には猛バッシングを浴びたが、復帰後に優勝を勝ち取り、2年前、今度はレイカーズに去った時には地元ファンも温かく送り出した印象があった。いずれまた戻ってきて、現役引退後も何らかの形でチームに関わり続けるのではないか。
 【パワーフォワード】
ラリー・ナンス

1959年2月12日生。208cm・93kg
在籍期間:7シーズン(1988〜94)
成績:433試合、平均16.8点、8.2リバウンド、2.6アシスト

 現代のファンにはラリー・ナンスJr.の父として知られるが、現役時代にはリーグを代表するトップPFの1人だった。キャブズでの6年半でオールスター出場2回、オールディフェンシブチームには3度選ばれている。

 希有な跳躍力を生かした強烈なブロック、アクロバティックなダンクでファンを沸かせ、オールスターの目玉イベント「スラムダンク・コンテスト」の初代優勝者としてもその名を刻んでいる(1984年の優勝当時はサンズ所属)。レブロン、アービングとビッグ3を組み、2016年の優勝に貢献したケビン・ラブも捨てがたいが、ここではナンスの攻守両面でのインパクトを買いたい。
 【センター】
ブラッド・ドアティ

1965年10月19日生。213cm・111kg
在籍期間:8シーズン(1986〜94)
成績:548試合、平均19.0点、9.5リバウンド、3.7アシスト

 1986年のドラフト全体1位指名で入団し、キャブズ一筋でキャリアを終えたスキルフルなビッグマン。91〜93年には3シーズン連続で平均20点、10リバウンド超えをマークし、8年間の現役生活でオールスターに5回選ばれた。

 ケガで短命に終わったのは残念だが、80年代後半から90年代前半にかけてチームのインサイドを支え続けた功績が評価され、背番号43はキャブズの永久欠番となっている。2000年代のチームを支えたジードルナス・イルガスカスや現役のトリスタン・トンプソンも好プレーヤーだが、総合力ではドアティが上だろう。

文●杉浦大介

【PHOTO】35歳を迎えても未だ衰え知らず!NBAの“キング”レブロン・ジェームズ特集!

関連記事(外部サイト)