来季のファイナルは“レブロンvsデュラント”の激突?名物コメンテーターが早くも大胆予想

来季のファイナルは“レブロンvsデュラント”の激突?名物コメンテーターが早くも大胆予想

レブロン(右)とデュラント(左)が来季のファイナルで顔合わせとなれば、3年ぶり4度目の激突となる。はたして実現するか。(C)Getty Images

スティーブ・ナッシュが新指揮官に就任したブルックリン・ネッツは、来る2020-21シーズンにおけるダークホースと言っていい。『ESPN』の名物コメンテーターとして人気を博すスティーブン・A・スミス氏は、昨季をケガで全休したケビン・デュラントをキーマンに挙げ、早くもネッツのNBAファイナル進出を予想している。

 昨季のネッツは、デュラントが右足アキレス腱断裂のリハビリによりシーズンを棒に振り、司令塔カイリー・アービングも右肩の故障で出場20試合止まりだったなか、なんとかプレーオフに出場。1回戦でトロント・ラプターズの前にあえなくスウィープ負けを喫したが、2枚看板が戦列に復帰する来季は、ナッシュ新HC(ヘッドコーチ)の下でどんな戦いを見せるのか、注目の的となっている。

 チームに期待することを尋ねられた際に「チャンピオンシップのためにプレーしてほしい」と答えたナッシュだが、指揮官の経験がないというハンデ、さらにはデュラント&アービングのデュオのケミストリーが不安視されるなど、課題点が多い部分は否めない。
  そのなかで『ESPN』の『First Take』に出演したスミス氏は、「新シーズンのネッツはチャンピオンシップか、それとも低迷か?」というテーマにおいて、高らかにネッツのファイナル進出を主張した。

「KD(デュラント)が本来の姿なら、ファイナルに上ってくるだろう。彼はケガをしていてシーズンを棒に振ったが、ようやく戻ってくる。チャンピオンシップを争うことになるが、18年目のレブロン(ジェームズ)が待っている。さあどうする?」

 デュラントが約1年半も実戦から遠ざかっている一方、昨季のレブロンは相棒アンソニー・デイビスとともに、ロサンゼルス・レイカーズを10年ぶり17度目のリーグ制覇に導いた。どちらも自身4度目となる優勝、ファイナルMVPを勝ち取ったなかで、35歳にして驚異的なパフォーマンスを披露。ライバルだった両者も、この1年で差が開いた感はある。しかしスミス氏は、ネッツを“アンダードッグ(勝ち目の薄い格下)”と位置づけたホストのマックス・ケラーマン氏に対し、デュラントとネッツの可能性についてこのように見解を述べた。
 「レブロンはKDの前に立ちはだかり『俺が依然キングだ』と言うだろう。だが、KDには挑戦するチャンスがある。ブルックリンは良いチームだ。KD、カイリー、この2人のほかにもタレントはいる。どんな相手も倒せる。勝って然るべきだ」

 ただ、ケラーマン氏はデイビスとアービング、それぞれのエースの“相棒役”の差を指摘。「レブロンとAD(デイビス)、世界でベストプレーヤーの2人、あるいはトップ5の2人が一緒に戦えば、常にチャンピオンシップは射程圏内にある。だが、KDにその相棒がいるかい?カイリーはスキルこそトップ5かもしれないが、選手としてはトップ5に入らない。加えてKDが戻ってくると言っても、キャリアが危ぶまれる大ケガを負った」と、ネッツのファイナル進出予想に疑問符を投げかけた。
  これにスミス氏は「カイリーはチャンピオンだ。レブロンはカイリーがいなかったらチャンピオンにはなれなかった」と反論。第7戦でアービングが決勝弾を沈めた、2016年のクリーブランド・キャバリアーズでの優勝を引き合いに出した。

 レブロンとデュラントのファイナル対決が実現するとすれば、2011-12シーズン(マイアミ・ヒート対オクラホマシティ・サンダー)、2016-17、17-18シーズン(キャバリアーズ対ゴールデンステイト・ウォリアーズ)以来4回目となる。

 デュラントとアービングのほかにも、スペンサー・ディンウィディーやディアンドレ・ジョーダン、キャリス・ルバート、ジャレット・アレンといったタレントが揃うネッツは、ナッシュ新HCの下で旋風を巻き起こせるだろうか。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?