【名作シューズ列伝】NBANo.1ゲーマーのジョージとプレステがコラボ!一般層も虜にした「PG 2.5 PLAYSTATION」

人に歴史あり。バスケにスーパースターあり。スーパースターにシグネチャーモデルあり。シグネチャーモデルにBOXあり!

 ポール・ジョージは1990年5月、カリフォルニア州パームデールで生を受けました。幼少期はコビー・ブライアントに憧れ、地元のレイカーズとクリッパーズを応援して育った普通の少年でしたが、バスケットボールクラブに在籍したのは、高校1年の時とかなり遅めでした。

 大学はジョージタウンやペンシルベニア州大からのオファーを断り、地元のカリフォルニア州大フレズノ校に進学。1年目から主力を務め、2年時には「スポーツイラストレイテッド」が選んだ“カレッジバスケットで興味深い選手Top16”に選出され、知名度を高めました。

 2010年NBAドラフトでは1巡目10 位でインディアナ・ペイサーズに指名されると、攻守でスケールの大きなプレーを見せてオールルーキーセカンドチームに選出。13年にはオールスターゲームに初出場し、最も成長した選手に与えられるMIP賞にも選ばれ、大ブレイクを果たしました。
  しかし14年のオフ、ジョージはアメリカ代表のエキシビションマッチで右足の脛骨を開放骨折し、全治12か月と診断されます。選手生命を脅かすほどの大ケガでキャリアの存続も心配されましたが、厳しいリハビリを経て2014-15シーズンの終盤に復帰。翌シーズンには平均23.1点をあげ、オフのリオデジャネイロ五輪にも出場するなど、見事な復活を遂げました。その後オクラホマシティ・サンダーで2年間プレー。19年には地元球団のクリッパーズに移り、カワイ・レナードとのコンビで注目を集めています。



 ジョージはデビュー時からナイキのモデルを着用しており、17年に初のシグネチャーが作られました。初代モデルからデザインに自らの趣味を反映させてきましたが、「PG2」(18年8月発売)では、PLAYSTATION(プレイステーション)とのコラボが実現。自身をNBA No.1ゲーマーと語るだけあり、そのディテールは凝りに凝ったものになりました。今回ご紹介するのは、「PG2 PLAYSTATION」の約4か月後の12月にリリースされた「PG2.5 PLAYSTATION」です。

 前作はPLAYSTATION4にちなんでBLACKベースでしたが、2.5では、PLAY STATIONのオリジナルカラーへのオマージュを捧げた“ウルフ グレー”で仕上げられています。
  シュータン表には、PLAY STATIONのLED製のロゴマーク“PS”と、ジョージのLED製のロゴマーク“PG”が左右にあり、裏側にはスイッチが備え付けてあります。スイッチマークを押すと起動時にゲーム機が輝くように、それぞれのロゴが浮かび上がるギミックは新しい世界に誘われるような高揚感を覚えます。



 ソールパターンのイメージは、“PALMDALE to the MOON”(ジョージの故郷から月に向かうことを意味)。中心の円から電波が広がり、ゆらゆらとした形状は月旅行をしているような、ポールが無重力空間でプレーしているような妄想を呼び起こします。



 さらに、“PG2”にはなかったアッパーのベルクロ、サイドからヒールにつながる補強パーツには、プレステのコントローラーボタンを示す“〇✕△□”。シューホールやスウッシュラインにも“赤・青・黄・緑”といったゲームを象徴するカラーリングが施されており、スニーカーヘッズだけでなく、ゲーマー、そして一般層まで幅広い人気を博しました。



 BOXは全カラーウェイ共通で、テーマは「宇宙空間に金色の地表」。キラキラと輝く無数の星の中に、ゴールドに輝く月(or惑星?)と、ひび割れた水分を感じない地表が目を引きます。
 

 サイドには宇宙空間に輝く「PAUL GEORGE 2」の文字、反対側には金色の地表にスウッシュ。無限の彼方、未知なる領域への挑戦……。NIKEとジョージのフロンティアスピリットを感じさせます。



 レイカーズ移籍の噂もあったジョージでしたが、新天地に同じLAのクリッパーズを選び、レナードと強力なタッグを形成。ただ、昨プレーオフで“LAダービー”は実現しませんでした。この悔しさをバネに、来季のクリッパーズはレイカーズの連覇を止めることができるのか。その時にジョージは、どんなシグネチャーを身にまとっているのか。新シーズンの開幕が楽しみでなりません。

文●西塚克之

【著者プロフィール】
西塚“DUKA”克之/日本相撲協会公式キャラクター「ハッキヨイ!せきトリくん」の作者として知られる人気イラストレーター。入手困難なグッズやバッシュを多数所有する収集家でもあり、インスタグラム(@dukas_cafe)では、自身のシューズコレクションを公開中。ダンクシュートでは名作シューズ列伝『SOLE&SOUL』を連載している。

【PHOTO】シンプルなデザインからキャラクターモデルまで!お洒落なNBAプレーヤーたちのシューズ特集!
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?