藤田さいき、ペ・ソンウが7アンダーで首位タイ発進。1打差には申ジエ、大里桃子【TOTOジャパンクラシック】

藤田さいき、ペ・ソンウが7アンダーで首位タイ発進。1打差には申ジエ、大里桃子【TOTOジャパンクラシック】

ペ・ソンウと並んで首位タイ発進を切ったベテランの藤田。(C)Getty Images

JLPGAツアー『TOTOジャパンクラシック』が茨城県・太平洋クラブ美野里コースにて開幕。大会初日はツアー通算5勝の藤田さいき、通算2勝のペ・ソンウが7アンダーで首位タイ発進を切っている。

【PHOTO】美貌と実力を兼備! 日本でも人気の韓国出身ゴルファー、ペ・ソンウの厳選フォトを一挙公開!

 今季は8月の『NEC軽井沢72ゴルフトーナメント』で2位タイに入っている藤田。この日は5番でひとつボギーをたたくも、バーディは6つ、終盤の17番ではイーグルをマークするなど、着実にスコアを伸ばした。また、同スコアのペ・ソンウはこの日ノーボギーの7バーディで回る完璧なラウンド。直近の3大会では2位、2位、3位と好成績を残しており、今大会は昨年12月以来の3勝目を狙う。
  また、1打差の3位には3週前の『富士通レディース2020』で優勝を飾った申ジエ、黄金世代の大里桃子が並んでいる。国内復帰2戦目を迎えた渋野日向子は1アンダーでホールアウト。世界ランク6位の畑岡奈紗、前週優勝の西村優菜は3アンダーで第1ラウンドを終えた。

構成●THE DIGEST編集部

関連記事(外部サイト)