渋野日向子は2つ伸ばして最終日折り返し。単独首位の申ジエはバーディスタート【TOTOジャパンクラシック】

渋野日向子は2つ伸ばして最終日折り返し。単独首位の申ジエはバーディスタート【TOTOジャパンクラシック】

最終日の前半で2つスコアを伸ばした渋野。通算6アンダー、22位タイで折り返しを迎えている。(C)Getty Images

茨城県小美玉市の太平洋クラブ美野里コースにて開催されているJLPGAツアー『TOTOジャパンクラシック』の最終日がスタート。渋野日向子は前半9ホールで2つスコアを伸ばし、首位と8打差の通算6アンダーで折り返しを迎えている。

【シブコPHOTO】笑顔弾ける渋野日向子の厳選ショット!プロテスト時の貴重な一枚も

 2日間を「71」「69」とアンダーパーで回り、通算4アンダーの28位タイから最終日をスタートした渋野。序盤からパーの続く我慢の展開となるが、6番でバーディを先行する。前半最終9番ではもう1つスコアを伸ばし、順位も22位タイへと上昇。良い流れでバックナインへと進んだ。
  単独首位に立つのは通算14アンダーの申ジエ。バーディスタートを切り、現在は前半3番をプレー中だ。1打差の13アンダーには木村彩子、3打差11アンダーにはイ・ミニョンが続いており、世界ランキング6位の畑岡奈紗は3ホールを消化して通算9アンダーの7位タイとしている。

構成●THE DIGEST編集部

関連記事(外部サイト)