【名作シューズ列伝】復活を遂げたローズの「DR10」。マクドナルドとのコラボモデルは遊び心溢れるデザインに

人に歴史あり。バスケにスーパースターあり。スーパースターにシグネチャーモデルあり。シグネチャーモデルにBOXあり! 

 デリック・ローズは、1988年イリノイ州シカゴで生まれ、3人の兄の影響でバスケットボールを始めました。地元の高校では、1年時から平均19.8点、5.1リバウンド、8.3アシストを記録し、3年目には州チャンピオンに。翌年にはシカゴ・パブリック・リーグ初となる連覇を達成。このシーズンには全米ランキング1位のオークヒル・アカデミーを破ったことでローズの知名度は一気に向上しました。

 大学はメンフィス大に進み、1年目から平均14.9点、4.7アシストをあげ、NCAAトーナメント決勝に進出。チームは延長の末、カンザス大に敗れてしまいますが、ローズの評価は落ちることなく、2008年NBAドラフトにアーリーエントリーします。

 ドラフトでは地元のシカゴ・ブルズに1位指名を受けて入団。ルーキーシーズンでは平均16.8点、6.3アシストの活躍でチームをプレーオフに導き、新人王を手にします。さらにプレーオフ初戦では、前年王者のボストン・セルティックス相手に36得点、11アシストと大暴れ。第7戦で力尽きましたが、ローズは大舞台でも強烈なインパクトを残しました。
  翌年には、ブルズの選手としては98年のマイケル・ジョーダン以来となるオールスターに出場。そして3年目には2010-11シーズンには平均25.0点、7.7アシスト、4.1リバウンドを稼ぎ、史上最年少となる22歳6か月でMVPに輝きました。

 若くしてNBAの顔となったローズは、11年にアディダスと14年総額2億5000万ドル大型契約を締結します。

 順風満帆なキャリアを送っていたローズでしたが、ここから試練が訪れます。12年のプレーオフで左ヒザ前十字靱帯を断裂し、翌シーズンを全休すると、13-14シーズンには右ヒザ半月板損傷。わずか10試合の出場に終わりました。

 16年、ブルズはフランチャイズプレーヤーのローズをついにトレード。移籍先となったニューヨーク・ニックスでは平均18.0点をあげたものの、チーム成績は振るわず、翌年にはクリーブランド・キャバリアーズへ。しかしチームにフィットすることなく、シーズン中にミネソタ・ティンバーウルブズにトレードと、元MVPはジャーニーマン化してしまいました。

 相次ぐケガで輝きを失い、“終わった選手”と思われていたローズ。しかし、ウルブズ在籍時の18年10月の試合でキャリアハイとなる50得点を奪い、見事な復活を遂げます。昨季は地元シカゴに近いデトロイト・ピストンズでチーム最多の平均18.1点を叩き出し、ファンを喜ばせました。

 前置きが長くなりましたが、今回は、自身のシグネチャー「DR10」と彼が全米に自身の名を轟かせたマクドナルド・オール・アメリカン(高校生のオールスターゲーム)のコラボモデルを紹介しましょう。
  メインカラーは爽やかなホワイトですが、随所にマクドナルドらしいポップな演出が満載。シュータンにあるケチャップの中に自身のシグネチャーロゴ、ソールの踵部分にはマクドナルドの“M”マークが透けて浮かび上がります。踵のミッドソール部分にはマスタードとケチャップのような装飾が施されるなど、遊び心溢れるデザインとなっています。



 アキレス腱近くには、「?瑰(ばいかい・まいかい)」と記され、ローズが赤く美しい珠(たま)であることを意味しています。



 くるぶし近くには高校時代から現在まで着用している背番号25がプリント(ブルズ&キャブズ時代は1番)。彼がこの番号をつけている理由は、将来を期待されながら17歳の若さでギャングによって殺された、シカゴ出身のベン・ウィルソンに敬意を表したものと言われています。


  BOXは、adidasのデフォルト。ローズモデルに限らず、adidasはよほどのコラボでない限り、BOXがスペシャル仕様になることはありません。



 中に使用されている保護用の紙もデフォルトです。ローズは故障による離脱が多かったため、adidasは契約に見合う回収ができていないのでしょう。同じ契約選手のジェームズ・ハーデンやデイミアン・リラードとは扱いが違って当然なのかもしれません。

 ただブルズファンの私にとっては、毎年ローズのシグネチャーが発売されるだけでも嬉しいことなのです。ドライブ中心のローズのプレースタイルは足にかかる負担が大きく、シューズの性能が担う役割が大きいと思います。彼が1年も長くキャリアを続けられるよう、adidasには新たなテクノロジーの開発を期待しています。

文●西塚克之

【著者プロフィール】
西塚“DUKA”克之/日本相撲協会公式キャラクター「ハッキヨイ!せきトリくん」の作者として知られる人気イラストレーター。入手困難なグッズやバッシュを多数所有する収集家でもあり、インスタグラム(@dukas_cafe)では、自身のシューズコレクションを公開中。ダンクシュートでは名作シューズ列伝『SOLE&SOUL』を連載している。

【PHOTO】シンプルなデザインからキャラクターモデルまで!お洒落なNBAプレーヤーたちのシューズ特集!
 

関連記事(外部サイト)