【NBAドラフト候補名鑑|1巡目上位】即戦力のエドワーズ、ワイズマンに加え、ボール3兄弟の“最終兵器”も

【NBAドラフト候補名鑑|1巡目上位】即戦力のエドワーズ、ワイズマンに加え、ボール3兄弟の“最終兵器”も

身体能力に長けたエドワーズ(左上)と本格派ビッグマンのワイズマン(右上)の上位指名は確実。万能PGのボール(左下)、得点力のあるトッピン(右下)もトップ10以内での指名が予想される。(C)Getty Images

昨年、八村塁が1巡目9位で指名されたことで日本でも注目を集めたNBAドラフト。今年は現地11月18日(日本時間19日)に、ESPNのスタジオからバーチャル形式で開催される。ここでは直前に迫った運命の瞬間を前に、1巡目での指名が予想される有力選手をおさらいしておこう。

※選手のプロフィールは@身長・体重AポジションB生年月日(年齢)C所属(学年or国)D国籍。年齢はドラフト当日(11月18日)時点。
TYPE=現役NBA選手の中でプレースタイルが似ている選手。

▼アンソニー・エドワーズ
@196p・102s
ASG
B2001年8月5日(19歳)
Cジョージア大(1年)
Dアメリカ
予想指名順位:1〜3位
TYPE:ドノバン・ミッチェル
■2019−20シーズン成績
G:32    MPG:33.0    FG%:.402    3P%:.294   
FT%:.772    RPG:5.2    APG:2.8    PPG:19.1
 多くの識者が1位候補に挙げる逸材は抜群のアスレティック能力を誇り、スター性、伸びしろもピカイチ。3ポイントの精度に課題はあるが、鋭いドライブとボディバランスを武器にゴールを量産する。

▼ジェームズ・ワイズマン
@216p・114s
AC
B2001年3月31日(19歳)
Cメンフィス大(※途中退部)
Dアメリカ
予想指名順位:1〜3位
TYPE:アンソニー・デイビス
■2019−20シーズン成績
G:3    MPG:23.0    FG%:.769    3P%:.000   
FT%:.704    RPG:10.7    APG:0.3    PPG:19.7
 センターの層が薄い今年のドラフト候補生の中で、圧倒的な存在感を放つ世代No.1ビッグマン。NCAAの規定違反によってわずか3試合の出場に終わったが、攻守両面で違いを生み出せる超有望株だ。

▼ラメロ・ボール
@203p・88s
APG
B2001年8月22日(19歳)
Cイラワラ・ホークス(オーストラリア)
Dアメリカ
予想指名順位:1〜5位
TYPE:ディアンジェロ・ラッセル
■2019−20シーズン成績(NBL)
G:12    MPG:31.3    FG%:.375    3P%:.250   
FT%:.723    RPG:7.6    APG:6.8    PPG:17.0
 言わずと知れたボール兄弟の三男。昨季はオーストラリアでプレーした203pの大型司令塔は、リーグ史上初の2戦連続トリプルダブルを達成するなど、期待通りの活躍で新人王を獲得。スケールの大きさと話題性はNo.1だ。
 ▼デニ・アブディヤ
@205p・100s
ASF
B2001年1月3日(19歳)
Cマッカビ・テルアビブ(イスラエル)
Dイスラエル
予想指名順位:1〜6位
TYPE:ルカ・ドンチッチ
■2019−20シーズン成績(ユーロリーグ)
G:26    MPG:14.2    FG%:.436    3P%:.277   
FT%:.556    RPG:2.6    APG:1.2    PPG:4.0
 イスラエルの強豪マッカビに所属し、昨季は国内リーグのMVPを獲得。長身ながらパスが上手く、攻撃ではスコアラーから司令塔役まで幅広くこなす。将来性も抜群で、トップ3指名を予想する声も。

▼オビ・トッピン
@206p・100s
APF/SF
B1998年3月4日(22歳)
Cデイトン大(2年)
Dアメリカ
予想指名順位:4〜10位
TYPE:トバイアス・ハリス
■2019−20シーズン成績
G:31    MPG:31.7    FG%:.633    3P%:.390   
FT%:.702    RPG:7.5    APG:2.2    PPG:20.0
 デイトン大を躍進に導いた昨季のカレッジNo.1プレーヤー。6割を超えるFG成功率が示すように、攻撃面の完成度はドラフト候補生の中で群を抜いている。守備力の低さが指名順位にどう影響するか。

▼オニカ・オコングー
@206p・111s
APF
B2000年12月11日(19歳)
Cサザンカリフォルニア大(1年)
Dアメリカ/ナイジェリア
予想指名順位:4〜10位
TYPE:モントレズ・ハレル
■2019−20シーズン成績
G:28    MPG:30.6    FG%:.616    3P%:.250   
FT%:.720    RPG:8.6    APG:1.1    PPG:16.2
 優れた運動能力と恵まれたウイングスパンを併せ持つアスレティックビッグマン。攻撃ではピック&ロールのフィニッシャー、守備ではリムプロテクターと、攻守両面で無限の可能性を秘める逸材だ。
 ▼キリアン・ヘイズ
@196p・98s
APG/SG
B2001年7月27日(19歳)
Cラティオファーム・ウルム(ドイツ)
Dフランス
予想指名順位:4〜10位
TYPE:スペンサー・ディンウィディー
■2019−20シーズン成績(ユーロカップ)
G:10    MPG:26.8    FG%:.455    3P%:.390   
FT%:.909    RPG:2.3    APG:6.2    PPG:12.8
 アメリカ生まれ、フランス育ちの逆輸入選手。左利きのプレーメーカーは、自ら得点を奪うだけでなく、味方を生かす術にも長けている。身体の強さと守備力が身につけばチームの顔になれるだろう。

▼タイリース・ハリバートン
@196p・79s
APG/SG
B2000年2月29日(20歳)
Cアイオワ州大(1年)
Dアメリカ
予想指名順位:6〜14位
TYPE:デジャンテ・マレー
■2019−20シーズン成績
G:22    MPG:36.6    FG%:.504    3P%:.419   
FT%:.822    RPG:5.9    APG:6.5    PPG:15.2
 2年目の昨季は得点(6.8→15.2)、アシスト(3.6→6.5)とも昨季から大きく飛躍。線の細さと独特なシュートフォームは気掛かりだが、万能性と複数のポジションをカバーできる守備力は大きな武器だ。

▼デビン・ヴァッセル
@201p・88s
ASG
B2000年8月23日(20歳)
Cフロリダ州大(2年)
Dアメリカ
予想指名順位:6〜14位
TYPE:ブラッドリー・ビール
■2019−20シーズン成績
G:30    MPG:28.8    FG%:.490    3P%:.415   
FT%:.738    RPG:5.1    APG:1.6    PPG:12.7
 高い身体能力とシュート力を備えた万能スウィングマン。昨季は3ポイントを7本沈めた試合もあり、爆発力は十分で、長い腕を生かした守備も魅力。1年目から大学時代を上回る成績を残す可能性も。
 ▼アイザック・オコロ
@198p・102s
ASF/SG
B2001年1月26日(19歳)
Cオーバーン大(1年)
Dアメリカ
予想指名順位:6〜14位
TYPE:ジャスティス・ウィンズロウ
■2019−20シーズン成績
G:28    MPG:31.5    FG%:.510    3P%:.286   
FT%:.674    RPG:4.4    APG:2.0    PPG:12.8
 強靭な肉体と運動能力を武器にコートを縦横無尽に駆け回り、チームにエナジーを注入する。守備で流れを呼び込むハードワーカーで、現時点では攻撃面に課題はあるが、将来的に優秀な3&Dになり得る。

▼パトリック・ウィリアムズ
@203p・102s
ASF
B2001年8月26日(19歳)
Cフロリダ州大(1年)
Dアメリカ
予想指名順位:10〜18位
TYPE:OG・アヌノビー
■2019−20シーズン成績
G:29    MPG:22.5    FG%:.459    3P%:.320   
FT%:.838    RPG:4.0    APG:1.0    PPG:9.2
 簡単に当たり負けしないフィジカルや粘り強さなど、優れたディフェンダーに必要なツールを兼備。即戦力とは言い難いが、ポテンシャルは高く、優秀な2ウェイプレーヤーになれる力を秘めている。

▼プレシャス・アチューワ
@206p・102s
APF
B1999年9月19日(21歳)
Cメンフィス大(1年)
Dアメリカ
予想指名順位:10〜18位
TYPE:パスカル・シアカム
■2019−20シーズン成績
G:31    MPG:31.4    FG%:.493    3P%:.325   
FT%:.599    RPG:10.8    APG:1.0    PPG:15.8
 規格外のフィジカルと運動能力で存在感を放つナイジェリア出身のアスリート。守備で高評価を集める一方、同期のワイズマンの離脱後は攻撃面でもステップアップし、18試合でダブルダブルを記録した。

★2020ドラフト指名順
1巡目
1位:ミネソタ・ティンバーウルブズ
2位:ゴールデンステイト・ウォリアーズ
3位:シャーロット・ホーネッツ
4位:シカゴ・ブルズ
5位:クリーブランド・キャバリアーズ
6位:アトランタ・ホークス
7位:デトロイト・ピストンズ
8位:ニューヨーク・ニックス
9位:ワシントン・ウィザーズ
10位:フェニックス・サンズ
11位:サンアントニオ・スパーズ
12位:サクラメント・キングス
13位:ニューオリンズ・ペリカンズ
14位:ボストン・セルティックス
15位:オーランド・マジック
16位:ポートランド・トレイルブレイザーズ
17位:ミネソタ・ティンバーウルブズ
18位:ダラス・マーベリックス
19位:ブルックリン・ネッツ
20位:マイアミ・ヒート
21位:フィラデルフィア・76ers
22位:デンバー・ナゲッツ
23位:ユタ・ジャズ
24位:ミルウォーキー・バックス
25位:オクラホマシティ・サンダー
26位:ボストン・セルティックス
27位:ニューヨーク・ニックス
28位:ロサンゼルス・レイカーズ
29位:トロント・ラプターズ
30位:ボストン・セルティックス

※『ダンクシュート』2020年12月号掲載原稿に加筆・修正。

構成●ダンクシュート編集部
 

関連記事(外部サイト)