シューマッハに並ぶ7回目のタイトルを確定したハミルトンが発したメッセージ「決してあきらめず、戦い続け…」

シューマッハに並ぶ7回目のタイトルを確定したハミルトンが発したメッセージ「決してあきらめず、戦い続け…」

シューマッハと並ぶ7度目のワールドチャンピオンに輝いたハミルトン。(C)Getty Images

ミハエル・シューマッハに並ぶ7回目のワールドチャンピオンを決めたルイス・ハミルトン(メルセデスAMG・ペトロナス・F1)が、自身のSNS(@lewishamilton)を更新し、世界中のファンに向けてメッセージを贈った。

【PHOTO】世界最高峰のカーレース、F1でしのぎを削るトップドライバーたち

 穏やかな表情でジョギングする動画には「ヘイ、ワールド! 今朝、目が覚めた時の感覚はスーパーグレートで、祝福されていると感じました。私はこれを見てくれたあなたが前向きな気持ちで新たな1週間をスタートすることを願っています。あなたにも同じフィーリングを贈ります」とのコメントが寄せられている。

 チャンピオン決定の舞台となったF1・14戦トルコGPは、予選・決勝とも雨にたたられた。さらに9年振りのF1開催のために再舗装されたイスタンブール・パーク・サーキットのアスファルトが、工事からまだ時間が経っていないことから油が浮いたような状態だったこともあり、大荒れの展開となった。
  予選では、路面状況を見て、すかさず小雨用のインターミディエイトにタイヤを換えたランス・ストロール(BWT・レーシング・ポイント)がポールポジションを獲得し、ハミルトンは6番グリッドからのスタート。

 ウィリアムズ2台を除く全車がウェット・タイヤで臨んだ決勝では、オープニングラップで一旦3位に上がったものの、コースアウトして6番手に。ストロール、セルジオ・ペレス(BWT・レーシング・ポイント)が1-2体制を築いて逃げを打つ。しかし、レーシング・ポイント勢をはじめ、多くのドライバーが2回タイヤ交換したところ、カーナンバー44の黒いメルセデスは、1回のインターミディエイトへの交換で最後まで走り切り、2位のペレスに31秒633の差を付けて今シーズン10勝目、通算94勝目を挙げ、3戦を残してタイトルを確定させた。

 スリップアングルをできるだけ付けず、加速とブレーキングの前後方向へとタイヤを“縦に”使うことで消耗を抑えるテクニックは、ハミルトンの強さの一端だといわれている。

 なお、3位にはセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が入り、同世代のライバルに「歴史を作ったね!」と声をかけ、レース後の記者会見でも「僕たち世代で最高のドライバー」と賞賛した。
  ファンからは「ルイス、あなたをとても誇りに思います!!! いいバイブスだけ!!! おめでとうチャンピオン」「あなたの積極性がとても好きです。愛するチャンピオンにすべて送り返します」「あなたの勤勉さと献身は、私の人生をより良くするように奮い立たせます!!」「月桂樹の冠を被っても決して休まない姿勢が大好きです」「 あなたは私たちに黒人コミュニティーのために何ができるか示してくれました」といった祝福と賛辞の声が集まっている。

 まだ契約更新していないため、去就に注目が集まっていたが、「まだまだこのチームでチャレンジしていきたい」とモチベーションを新たにしたようで、チーム代表のトト・ウルフも数日後に交渉を始めることを認めている。
  最後にタイトル獲得直後に上げた投稿の最後の1節を紹介したい。

「不可能はない。今年の私にとっての原動力は、みんなが夢を決してあきらめないために、次世代の模範を示すことでした。私の夢は不可能だと多くの人から言われましたが、実現した。みんなにもできることを知ってほしい。決してあきらめず、戦い続け、その場に立ち続けよう」

 労働者階級の家庭で育った黒人少年は、夢の実現が可能なことを7回にわたって証明した。

文●甘利隆
著者プロフィール/東京造形大学デザイン科卒業。都内デザイン事務所、『サイクルサウンズ』編集部、広告代理店等を経てフリーランス。Twitter:ama_super
 

 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Lewis Hamilton(@lewishamilton)がシェアした投稿

関連記事(外部サイト)