キングスの新人タイリース・ハリバートン。ドラフト後に憧れのレジェンドから祝福され「夢が叶ったよ」

キングスの新人タイリース・ハリバートン。ドラフト後に憧れのレジェンドから祝福され「夢が叶ったよ」

サクラメント・キングスが1巡目12位で獲得した、“リトルマジック”ことタイリース・ハリバートン。(C)Getty Images

11月18日(日本時間19日、日付は以下同)に行なわれたドラフトで、60人のスター候補生がNBAチームから指名され、世界最高のプロバスケットボールリーグでプレーできるチャンスを掴んだ。

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!

 新型コロナウイルスの影響により、今年はバーチャルで行なわれたこともあり、家族や友人あるいは大学のコーチも同席し、ドラフト指名直後のインタビューでは涙を流した選手もいた。

 そんななか、サクラメント・キングスは1巡目12位で“リトルマジック”ことタイリース・ハリバートンを指名。196センチ・79キロのガードは、アイオワ州大2年時に平均36.7分、15.2点、5.9リバウンド、6.5アシスト、2.5スティールをマーク。

 フィールドゴール50.4%。3ポイント41.9%(平均2.4本成功)と高い成功率を誇るハリバートンのニックネームの由来となったのは、ロサンゼルス・レイカーズのレジェンドでスーパースターのアービン“マジック”ジョンソン。マジックが現役を引退してから24年も経過しているのだが、3ポイントを放つ時に右肩あたりで丁寧にボールをセットしている点に両者の共通点が見てとれる。
  ハリバートンがドラフト指名されると、そのマジックが「“リトルマジック”ことサクラメント・キングスのタイリース・ハリバートンには特別な祝福を送りたい。僕のファンでいてくれてありがとうと父親に伝えてくれよ!」とツイート。

 するとハリバートンが憧れのアイドルへ「えっ、マジック? マジック・ジョンソンからツイート? ありがとうございます。できるならあなたと直接会って話をして、その知恵を拝借したいです! 大好きです!」と興奮を隠せない様子でリアクションしていた。

 キングスにはディアロン・フォックスというスコアリングガードがおり、バディ・ヒールド、ボグダン・ボグダノビッチ(制限付きフリーエージェント)、コリー・ジョセフと主力級の選手がいるのだが、ヒールドにはトレードの噂があり、ボグダノビッチも移籍する可能性があるだけに、ハリバートンはローテーション入りすることが期待されている。
 「僕は90年代のバスケットボールをたくさん観てきた。だからマジック・ジョンソンは自分のゲームに多大なインスピレーションを与えてくれたんだ。彼が昨日、僕にツイートしてくれたことで夢が叶ったよ。あのツイートを見た時、僕はできるだけ冷静に、(周囲の皆と)共有するようにしていたけどね」。

 ハリバートンはドラフト後の会見でそう語り、レジェンドに対するリスペクトを口にしていた。

 マジックはレイカーズを5度の優勝へと導き、シーズンMVPとファイナルMVPにそれぞれ3度輝いた206センチの長身ポイントガード。ノールックパスをはじめとする創造性豊かなパスワークと勝負強さを兼備したリーダーとして、世界的な人気と知名度を誇る。
  4度のアシスト王に輝いた男は、レギュラーシーズン(平均11.2本)、プレーオフ(平均12.4本)と、キャリア平均アシストでいずれも歴代トップを誇る司令塔であり、文句なしでバスケットボール殿堂入りしたNBA史上屈指の名選手。

 NBAに足を踏み入れたばかりのハリバートンにとって、マジックのようなキャリアを送ることはとてつもなく高いハードルだが、2006年を最後にプレーオフから遠ざかっているキングスを勝てるチームへと押し上げることができれば、大きな注目を集めるに違いない。

文●秋山裕之(フリーライター)

【PHOTO】ロッドマン、ジョーダン、アイバーソン、シャック…NBA史に残る偉大なレジェンドたち!

関連記事(外部サイト)