本田真凜、今季ベストSP58.30点をマーク。優雅に納得の演技を披露!【NHK杯】

本田真凜、今季ベストSP58.30点をマーク。優雅に納得の演技を披露!【NHK杯】

NHK杯SP 真凜が今季ベスト

本田真凜、今季ベストSP58.30点をマーク。優雅に納得の演技を披露!【NHK杯】

今季ベストスコア58.30点で滑り終えた本田真凜。写真:REUTERS/AFLO

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦、NHK杯が27日、大阪の東和薬品RACTABドームで開幕し、女子シングルのショートプログラム(SP)が行なわれた。2016年世界ジュニア女王の本田真凜は、今季ベストの58.30点をマークした。

【PHOTO】リンクに咲く美しきなでしこ!本田真凜の可憐な厳選フォトを一挙公開!

 8番滑走で登場した本田は、紫の衣装で登場し、『The Giving』の曲に合わせ華麗な舞を披露した。冒頭予定していた3回転ループ・3回転トゥーループのコンビネーションは2回転トゥーループに変更したが、続く3回転フリップ、最後のダブルアクセルの2つのジャンプは、きっちりと決めた。美しいピアノ曲に合わせて、優雅に演じきり、フィニッシュ後は納得の表情をみせた。
  27日17時18分からのアイスダンスのリズムダンス(RD)では、村元哉中・高橋大輔の新コンビが初の公式戦に挑む。さらに19時05分からの男子シングルのSPでは、今季シニアデビューした鍵山優真、佐藤駿らも登場する。

構成●THE DIGEST編集部
 

関連記事(外部サイト)