「俺を議論に加えないでくれ」“史上最高のスコアラー”としてジョーダンと比較されたデュラントが胸中を告白

「俺を議論に加えないでくれ」“史上最高のスコアラー”としてジョーダンと比較されたデュラントが胸中を告白

“史上最高のスコアラー”に名前を挙げられたデュラント(右)だが、「ジョーダン(左)は比類なき存在」として議論の対象となることを好まなかった。(C)Getty Images

“NBA史上最高の○○は誰か”。これは、識者やファンの間で幾度となく繰り広げられている議論のひとつだ。史上最高の選手、いわゆる“GOAT”論争では、レブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)が今季4度目のリーグ制覇を成し遂げたことで、マイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)とどちらがその座にふさわしいか、として議論がヒートアップしている。

 では、“NBA史上最高の“スコアラー”は誰なのか。1試合100得点、シーズン平均50.4点といったアンタッチャブルレコードを打ち立てているウィルト・チェンバレン(元フィラデルフィア/現ゴールデンステイト・ウォリアーズほか)などの名前も挙がるだろうが、ここでもやはりジョーダンを推す声が多い。レギュラーシーズンにおけるキャリア平均得点は歴代1位の30.12点、同プレーオフでの平均33.45点も堂々のトップ。10度の得点王も史上最多で、彼こそが“史上最高のスコアラー”という意見に異論を挟む者は少ないはずだ。
  11月25日(日本時間26日、日付は以下同)に放送された『ESPN』の『First Take』においてもこの議論が勃発。この番組内では、かつてボストン・セルティックスなどで活躍し、今やすっかり“ご意見番”となったケンドリック・パーキンスが、ベストスコアラーとしてケビン・デュラント(ブルックリン・ネッツ)の名前を挙げた。

 デュラントはレギュラーシーズンにおけるキャリア平均得点で歴代6位の27.02点をマークしており、得点王も4度獲得。208cmのサイズに卓越したスキル、正確無比なシュート力を備え、特にアウトサイドシュートではジョーダンを大きく上回っていると言っていい。史上最高のスコアラーの候補に挙がってもなんら不思議はない選手だ。

 この意見に対し、番組のホストを務めるマックス・ケラーマン氏は強く反論。「マイケル・ジョーダンはKD(デュラントの愛称)より多く得点しただけではない。KDより多く勝利し、そしてKDより効率的に得点していたんだ」と述べた。
  白熱の議論は双方譲らぬまま終了。そして番組終了後、『First Take』の公式Twitterが放送の一部を抜粋した動画を投稿すると、これに返信する形で、なんとデュラント自身がこの論争に加わった。

「MJ(ジョーダンの愛称)は唯一無二の存在であり、神の領域にいる、比類のない、決して誰も並ぶことのない、この議論の“たったひとつの答え”のようなもの。俺はまだ彼のプレーから学んでいる最中なんだ。頼むから俺を議論に巻き込まないでくれ」
  デュラントからすれば、ジョーダンの比較対象になることすら恐れ多いと感じているのだろう。ただ、それでも彼が将来的に“史上最高のスコアラー”と呼ばれる可能性を秘めているのは間違いない。2019年のファイナルで負った右アキレス腱断裂からの回復具合が気になるところだが、デュラントほどのスキルとシュート力を誇るプレーヤーなら、ケガの影響を感じさせず完全復活した姿を見せてくれるはずだ。ネッツの一員として初めてコートに立つ来季、再び驚異のスコアリングショーを開演してくれることに期待したい。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!

関連記事(外部サイト)