ブレイザーズ復帰が決まったエネス・カンターにリラードが送ったメッセージとは?

ブレイザーズ復帰が決まったエネス・カンターにリラードが送ったメッセージとは?

カンター(右)は2018-19シーズンにブレイザーズに在籍。同年のプレーオフでは平均11.4点、9.7リバウンドの活躍でリラードの負担を軽減した。(C)REUTERS/AFLO

リーグ最高級のスコアリングガード、デイミアン・リラード率いるポートランド・トレイルブレイザーズは、このオフに的確な補強を断行した。

 チームは11月18日(日本時間19日、日付は以下同)のドラフト当日に合意した3チーム間のトレードで、マリオ・ヘゾニャを放出し、ボストン・セルティックスからエネス・カンターを獲得。さらにはヒューストン・ロケッツとのトレードでトレバー・アリーザ(現オクラホマシティ・サンダー)、アイザイア・スチュワート(ドラフト1巡目16位指名)、2021年のドラフト1巡目指名権を手放し、ロバート・コビントンを加えた。

 フリーエージェント(FA)戦線では大ベテランのカーメロ・アンソニー、スウィングマンのロドニー・フッドと再契約を結び、ビッグマンのハリー・ジャイルズ、身体能力の高いデリック・ジョーンズJr.と契約を結び、近年では最高級のロースター形成に成功。

 なかでもカンターは、2018-19シーズンにブレイザーズに在籍経験があり、ケガを負ったユスフ・ヌルキッチの代役として奮闘した。

 カンターは208p・113sと屈強な体格を持ち、フィジカルコンタクトに強い肉体派。一昨季のプレーオフでは、左肩を脱臼しながら痛み止めの注射を打って戦い抜いたように、タフさも備わっている。

 26日に『HoopsHype』へ公開されたインタビューで、カンターはブレイザーズへ2シーズンぶりに復帰した後にリラードからテキストが届いたことを明かしている。
 「俺がポートランドへトレードされた日、デイム(リラード)がテキストを送ってきたんだ。『さあ行こう。チャンピオンシップを勝ち取ろうぜ』とね。それを見てめちゃくちゃ興奮したよ。それに昨日、CJ(マッカラム)とも会ったんだ。俺がここへ戻ってきたことをすごく喜んでくれてね。あの2人だけじゃない。チームの皆が祝福してくれたんだ。彼らは元チームメイトたちであり、俺の復帰を本当に喜んでくれたよ」

 来季のブレイザーズの予想スターターは、リラード&マッカラムという不動のバックコート陣にコビントン、ザック・コリンズ、ヌルキッチという布陣。だがコリンズは8月下旬に左足首を手術しているため、開幕に間に合わなければフッドあるいはカーメロが先発へスライドし、カンターはヌルキッチの控えになるだろう。

「俺は間違いなくWWE(ワールド・レスリング・エンターテインメント)のレスラーになる。すでにWWEからいくつかオファーをもらっているんだ。でもまずはバスケットボールキャリアをフィニッシュさせないとね」

 今年5月に『The Athletic』のシャムズ・シャラニア記者とのインタビューでカンターはこう話していた。2年ぶりに古巣へ復帰した28歳のセンターは、エースのリラードらとともに、チームを頂点に導くことができるだろうか。

文●秋山裕之(フリーライター)

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!

関連記事(外部サイト)