ダルビッシュ有も「リズムや間がカッコいい」と称賛!野球未経験の十種競技選手が披露した“剛速球”が話題

ダルビッシュ有も「リズムや間がカッコいい」と称賛!野球未経験の十種競技選手が披露した“剛速球”が話題

「キング・オブ・アスリート」と呼ばれる十種競技の右代が披露した“剛速球”が話題。(C)Getty Images

陸上・十種競技の日本記録保持者でアジアチャンピオンでもある右代啓祐(うしろ・けいすけ)が自身のTwitter(@ushirokeisuke)で“剛速球”を披露し、大きな反響を呼んでいる。

 右代は「十種競技選手がピッチングをしたら、こうなる」と綴り、陸上競技場の隅でピッチングする姿を公開。遠くに構えるキャッチャー目がけてボールを投げこみ、ミットに吸い込まれるように一直線に伸びていく剛速球を披露した。ハッシュタグで「#我流 #野球経験なし #まずは145キロ目指す」と添えている。

 これには、シカゴ・カブスに所属するダルビッシュ有も反応し、「元々持っているリズムや間がカッコいい。野球だけやっていたら今頃メジャーで常時160km/hのクローザーになっていたかも」とコメントした。
  同動画の再生数は48万回を超える反響をみせており、チェックしたファンやフォロワーからは「さすがキングオブアスリートですね」「身体を使いこなす天才か」「山本由伸投手に似た投げ方ですね!」「この球速は化け物w」「ヤバすぎる」「フォーム矯正するだけで150キロでそう」「来年のドラフトで声かかりそう」などと数多くのコメントが寄せられている。

構成●THE DIGEST編集部

関連記事(外部サイト)

×