「本当に皆さまのおかげ」新谷仁美が10000mで五輪代表内定!日本記録を18年ぶりに大幅更新する走りを見せる

「日本選手権」で女子10000メートルの新谷仁美が優勝 東京五輪の代表が内定

記事まとめ

  • 「日本選手権」で、女子10000メートルの新谷仁美が日本記録を打ち立て優勝した
  • 新谷は圧巻の走りで日本記録を18年ぶりに大幅更新、東京五輪の代表が内定した
  • 新谷は「久しぶりに満足のいくレースが出来た、皆様のおかげ」と感謝の気持ちを表した

「本当に皆さまのおかげ」新谷仁美が10000mで五輪代表内定!日本記録を18年ぶりに大幅更新する走りを見せる

「本当に皆さまのおかげ」新谷仁美が10000mで五輪代表内定!日本記録を18年ぶりに大幅更新する走りを見せる

10000メートルで日本記録の走りで東京五輪代表に内定した新谷仁美。(C)Getty Images

陸上長距離種目の「日本選手権」が4日、ヤンマースタジアム長居(大阪)にて開催され、女子10000メートルで新谷仁美が30分20秒44と日本記録を打ち立て優勝し、東京五輪の代表が内定した。

【PHOTO】夏冬五輪で輝け! 世界のスポーツシーンを彩る「美女トップアスリート」たちを厳選!

 新谷は、世界選手権の10000メートルで5位に入賞したこともある実力者で、一度は引退し4年近いブランクを経て復帰した32歳のランナー。序盤から、果敢に日本記録ペースを狙った速いペースで展開し、3000メートルを過ぎから独走。そのまま他を寄せつけない圧巻の走りで、渋井陽子さんの持つ日本記録を18年ぶりに28秒45更新した。
  レース後、新谷は「たくさんの応援が最後まで途切れることなく、久しぶりに満足のいくレースが出来ました。本当に皆さまのおかげです」と感謝の気持ちを表した。日本記録については、「結果へのこだわりというのは強いものがあるので、その中で最高のパフォーマンスを皆様にお見せしたいという気持ちもあった」とコメント。

 そして東京五輪へ向け「ただやりたいという気持ちだけでなく、私たちアスリートがそれ以上の最高のものをみせたい」と語った。

構成●THE DIGEST編集部

関連記事(外部サイト)