「戻る準備はできている」カズンズがロケッツでの完全復活に自信。親友ウォールとの共演は「長年の夢」

「戻る準備はできている」カズンズがロケッツでの完全復活に自信。親友ウォールとの共演は「長年の夢」

近年、度重なるケガに苦しめられてきたカズンズ。新天地のロケッツで復活できるか。(C)Getty Images

昨季、8年連続でプレーオフへと駒を進めたヒューストン・ロケッツは、ジェームズ・ハーデンとラッセル・ウエストブルックという“MVPデュオ”を最大限に生かすため、シーズン途中からスモールボールへと切り替えた。しかし、カンファレンス・セミファイナルでロサンゼルス・レイカーズの前に1勝4敗で敗退。またしてもファイナルの舞台には届かなかった。

 その後チームはマイク・ダントーニ前HC(ヘッドコーチ)、ダリル・モーリー前GM(ゼネラルマネージャー)が辞任し、新指揮官にスティーブン・サイラス、新GMにはラファエル・ストーンが就任。今季もスモールボールを継続するかと思われたが、先月ウエストブルックのトレード志願が報じられ、12月2日(日本時間3日、日付は以下同)にワシントン・ウィザーズへ放出。代わりにアキレス腱断裂からの完全復活を見据えるジョン・ウォールと2023年のドラフト1巡目指名権(ロッタリー・プロテクト付)を獲得した。
  今後は同じくトレードの噂が挙がるハーデンの去就に注目が集まるなか、『The New York Times』のマーク・スタイン記者が3日に「ハーデンはヒューストンに到着しておらず、個人ワークアウトができていない」と報道。ハーデンはオフの期間にウォールと一緒にワークアウトしていたものの、新たにタッグを組む元オールスターガードとの共演実現を不安視するものに。

 もっとも、同日に行なわれた会見で、サイラスHCは「ウォールとハーデンは一緒にプレーできる」と発言。指揮官は典型的なポイントガードを必ずしも必要とはしておらず、プレーメーカーを求めていると語った。

 さらにこの日は、ロケッツに加入したもう1人の元オールスター、デマーカス・カズンズが会見に登場。左ヒザの前十字靭帯断裂により昨季を全休した30歳の重量級ビッグマンは「今の状態はすごくいい。身体と心の両面ですごくいい位置まで来ている。コートに戻る準備はできている」と自信を覗かせた。
  今季のロケッツはハーデン、エリック・ゴードン、PJ・タッカーという昨季の主軸に加え、新加入のウォールとクリスチャン・ウッドの先発起用が予想されており、カズンズはベンチスタートの見込み。

 だがキャリア平均21.2点、10.9リバウンド、3.2アシスト、1.42スティール、1.23ブロックを記録する万能型ビッグマンが本来の姿を取り戻すことができれば、ハーデン、ウォールとともに強力なトリオが実現する。

 特にウォールはケンタッキー大時代のチームメイトであり、カズンズが「生涯の兄弟」と言うほどの親友。NBAでともにプレーすることは「長い間、俺たちが夢見てきたこと」と喜びを露わにしていた。
  18年1月にアキレス腱を断裂後、カズンズは左大腿四頭筋と左ヒザ前十字靭帯も断裂と度重なるケガに苦しんできたが、現状についてポジティブに捉えている。

「苦しい道のりだったけど、今自分が置かれている状況を嬉しく思う。フレッシュなスタートを切れることにね。この2年間、俺はフルシーズンをプレーしていないけど、(完全復活に向けて)計画を実行していくだけだ」

 ハーデンの動向が気になるものの、ロケッツは今季もプレーオフを狙えるロースターを揃えており、サイラス新HCがどのようなオフェンスを展開していくのかは楽しみなところ。カズンズが親友ウォールとの共演で完全復活となれば、リーグを席巻する可能性も十分だ。

文●秋山裕之(フリーライター)

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!

関連記事(外部サイト)