レブロン&アービング、トーマス&デュマース…全30球団の“オールドラフトチーム”を米メディアが発表!【Part.3】

レブロン&アービング、トーマス&デュマース…全30球団の“オールドラフトチーム”を米メディアが発表!【Part.3】

レブロンは2003年、アービングは2011年のドラフト1位でキャブズに入団。2人は14年から共闘し、16年にチームを初優勝に導いた。(C)Getty Images

ドラフトは各チームにとってフランチャイズの未来を占う重要な人材発掘の場だ。ただ、近年はスーパースターの移籍も珍しくなく、コビー・ブライアントやティム・ダンカンのような、プロ入りからひとつの球団でキャリアを終える選手は絶滅寸前となっている。

 もし年代を問わずドラフト指名orデビュー前に入団した選手を対象に、各チームのベスト5を結成したらどういった顔ぶれになるのか?『Hoopshype』が、30球団の“オールドラフトチーム”を発表している(チーム名は略称、カッコは入団年)。

 今回は、イーストのバックス、キャバリアーズ、ピストンズ、ホークス、ペイサーズの5チームだ。

■バックス
ガード:シドニー・モンクリーフ(1979)、レイ・アレン(1996)
フォワード:ジュリアス・アービング(1972)、ヤニス・アデトクンボ(2013)
センター:カリーム・アブドゥル・ジャバー(1969)

 ジャバーはチーム史上最高の選手と言われるビッグマン。伝家の宝刀“スカイフック”で71、72年に2年連続で得点王に輝き、71年の優勝の立役者となった。モンクリーフは攻守のバランスに優れ、オールディフェンシブチームに5回選出、83年に創設された最優秀守備選手賞の初代受賞者でもある。アレンは96年のドラフト当日のトレードでミルウォーキーへ。数年間はグレン・ロビンソンに次ぐ2番手だったが、スラッシャー兼シューターとして4年目からbPオプションとなり、低迷していたバックスをプレーオフの常連に押し上げた。

 現在のチームでエースを務めるヤニスは、2年目の14年から先発に定着すると、4年目に平均20点超え。19年にはバックスの選手ではジャバー(71年)以来となるシーズンMVPに選ばれた。“ドクターJ”ことアービングは、72年の1巡目12位で指名も、前年にライバルリーグのABAでデビューしていたため、入団は叶わなかった。もしこの名ダンカーが加入していれば、フランチャイズの歴史は大きく変わっていただろう。
 ■キャバリアーズ
ガード:カイリー・アービング(2011)、ケビン・ジョンソン(1987)
フォワード:レブロン・ジェームズ(2003)、ビル・レインビア(1979)
センター:ブラッド・ドアティ(1986)

 86年のドラ1、ドアティは91年から3年連続で平均20点、10リバウンド以上を奪取。リーグ屈指のビッグマンとなったが、背中のケガに苦しめられ、28歳の若さでユニフォームを脱いだ。地元オハイオ出身のレブロンは1年目から期待通りの活躍を披露。“キング”に導かれ、チームは07年にはファイナルに勝ち進んだ。10年にヒートへ移籍し、大バッシングを浴びたが、14年に復帰。ライジングスターのアービングとともに、16年に故郷に初の栄冠をもたらした。ジョンソンは1年目、レインビアは2年目の途中でトレード。前者はサンズ、後者はピストンズのスタメンとなり、オールスター選手に成長した。
 ■ピストンズ
ガード:アイザイア・トーマス(1981)、デイブ・ビング(1966)、ジョー・デュマース(1985)
フォワード:グラント・ヒル(1994)
センター:ラリー・ファウスト(1950)

 50年にデビューしたファウストは、1年目から5年連続で平均ダブルダブルを達成。55年にはファイナルに導いた。ビングはPGながら非凡な得点力を誇り、9年間で平均22.6点6.4アシストをあげた。“バッドボーイズ”として一世を風靡した1980年代にコンビを結成したトーマスとデュマースは、引退までピストンズ一筋でプレー。デュマースは89年、トーマスは90年にファイナルMVPを手にしている。ヒルはトーマスが引退した94年に加入。品行方正なフォワードは2年目に10試合、3年目には13試合でトリプルダブルを達成するなどオールラウンドな働きで、オールスターの常連となった。
 ■ホークス
ガード:レニー・ウィルケンズ(1960)、ピート・マラビッチ(1970)
フォワード:デイビッド・トンプソン(1975)、ドミニク・ウィルキンス(1982)
センター:ボブ・ペティット(1954)

 58年の優勝メンバーであるペティットは、堅実なポストプレーとジャンパーを武器に、11年連続で平均20点超え。デビューから引退まですべての年でオールスターに出場した“お祭り男”でもあった。60年に入団したウィルケンズは、ペティット引退後にチームの顔となり、68年にはMVP投票で2位に。引退後はコーチの道へ進み、90年代にはHCも務めている。マラビッチは4年間の在籍で平均24.3点、5.6アシスト。華麗なパスやドリブルなど、ショーマンとして人気を博した。75年のドラフトで1位指名したトンプソンだが、アービング同様、ABAでのプレーを選択。結局ホークスのユニフォームを着ることはなかった。

■ペイサーズ
ガード:レジー・ミラー(1987)、ポール・ジョージ(2010)
フォワード:ダニー・グランジャー(2005)、アントニオ・デイビス(1990)
センター:リック・スミッツ(1988)

 ミラーは抜群のシュート力と無類の勝負強さを誇ったスコアリングガード。18年間のキャリアで何度もクラッチシュートを決め、チームを救った。グランジャーは多彩な得点力を持ち、09年にはリーグ5位の平均25.8点をあげてMIPを受賞。ジョージはそのグランジャーからエースの座を受け継ぎ、14年にはチームをファイナルまであと1勝のところまで導いた。デイビスとスミッツは攻守でミラーの負担を軽減したビッグマン。オランダ出身のスミッツは224pの長身ながらシュートが上手く、95年のカンファレンス決勝第4戦では劇的な逆転ブザービーターを沈めた。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】35歳を迎えても未だ衰え知らず!NBAの“キング”レブロン・ジェームズ特集!
 

関連記事(外部サイト)