新日本ワールドタッグはKENTAも介入の“バレクラ流”でG.o.Dが初優勝!ザック&タイチへ対戦を要求

新日本ワールドタッグはKENTAも介入の“バレクラ流”でG.o.Dが初優勝!ザック&タイチへ対戦を要求

タッグリーグはG.o.Dが初優勝。邪道との記念撮影はKENTAがシャッターを押す。写真:滝川敏之

新日本プロレスは11日、『ワールドタッグリーグ2020』&『ベスト・オブ・ザ・スーパーJr.27』最終戦、東京・日本武道館大会を開催した。

『ワールドタッグリーグ2020』決勝は2連覇を目指すジュース・ロビンソン&デビッドフィンレーと、初優勝を狙うタマ・トンガ&タンガ・ロア(G.o.D)の外国人チーム対決。公式戦ではフィンジュースがG.o.Dに勝利を収めているが、6日に行なわれた福岡国際センター大会では、決勝進出を決めたフィンジュースをG.o.Dとマネージャーの邪道が急襲している。

 試合は序盤から介入して来た邪道をレフェリーの指示で、ヤングライオンが控室へ強引に連れていく。純粋なタッグ対決になるが、G.o.Dはパワフルな連携を駆使して、フィンジュースを圧倒する。

 場内は手拍子でフィンジュースを後押しすると、2人で連携を見せていくが、G.o.Dのパワーが勝りなかなかペースを掴めない。流れがきたと思いきや、邪道が再び現れて竹刀攻撃を始める。邪道の指示でマジック・キラーからスーパーパワーボムを狙うがジュースがフランケンシュタイナーで切り返す。フィンレーも蘇生しG.o.Dにダメージを与える。
  勝機と見たフィンジュースは連携を狙うと、邪道が竹刀でジュースに一振り。ジュースはこれを掴み、邪道を殴打しようとするが、背後からアメリカにいたはずのKENTAが、IWGP USヘビー級王座挑戦権利証が入った赤いブリーフケースでジュースを殴打する。G.o.Dはそのままスーパーパワーボムを決めて3カウント。バレットクラブのやり方で初優勝をもぎ取った。

 バックステージでロアが「宣言通り俺たちが優勝し、『WORLD TAG LEAGUE』制覇だ! 俺たちの言葉に嘘はない。確かに優勝に届くのに何年もかかってしまったが、これでやっと俺たちが世界最強のタッグチームだと証明することができた!」と歓喜すると、タマは「世界を見渡してもG.o.Dと並ぶタッグチームはいない。もう誰一人俺たちの実力を否定することはできない! でも俺たちはこんなもんで満足してない! まだもう一つ成し遂げていないものがある。東京ドームでデンジャラス・テッカーズを倒し、あいつらが巻いているタッグのベルトを奪る」と宣言。

 来年1月4日、5日に開催される東京ドーム大会で、タイチ&ザック・セイバーJr.が保持するIWGPタッグ王座への挑戦が濃厚だ。

◆新日本プロレス◆
『ワールドタッグリーグ2020』&『ベスト・オブ・ザ・スーパーJr.27』最終戦
2020年12月11日
東京・日本武道館
観衆 3564人

▼ワールドタッグリーグ2020優勝決定戦(時間無制限1本勝負)
ジュース・ロビンソン&●デビッド・フィンレー(22分15秒 エビ固め)タマ・トンガ○&タンガ・ロア
※スーパーパワーボム
※G.o.Dが初優勝

文⚫︎どら増田
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?