「いい人ぶってる気が…」全米女子単独首位の渋野日向子が、全英女子OP優勝後の変化を明かす

「いい人ぶってる気が…」全米女子単独首位の渋野日向子が、全英女子OP優勝後の変化を明かす

2位のリン・グラントと3打差の首位につける渋野。(C)Getty Images

テキサス州ヒューストン・チャンピオンズGCにて海外メジャー『全米女子オープン』の2日目が行なわれ、渋野日向子は4つスコアを伸ばし通算7アンダーで単独首位に躍り出た。

【シブコPHOTO】笑顔弾ける渋野日向子の厳選ショット!プロテスト時の貴重な一枚も

 首位と1打差の2位タイでスタートし、序盤の1、6番でバーディを奪う好スタートを切ると、8番でボギーを喫して折り返しを迎える。その後は10、12、15番とバーディを重ね、16番で2つ目のボギー。続く17番ではバウンスバックを決め、6バーディ、2ボギーの「67」でフィニッシュとなった。

 快進撃を続ける渋野は、海外メディア向けのインタビューに登場し「今までちょっと感じてた『全英チャンピオン』っていうプレッシャーは捨てていいなと思っていたので、今は本当にまっさらな気持ちでこの試合に臨んでる」と明かした。今大会優勝したらLPGAに参加の可否を問われると「是非それは参加します」と笑顔で断言。
  昨年全英女子オープンで優勝し「一般人から、すごい有名人になって、自分でもちょっといい人ぶってる気がします」と苦笑いを浮かべ、さらに「自分が思っていた以上にすごいバレるので、なかなか外に食べに行きにくい」と生活の変化について語った。

 3日目を迎える渋野は最終組に入り、リン・グラント(スウェーデン)、ケイトリン・パップ(米国)らと、12日11時35分(日本時間13日2時35分)にスタートする。

構成●THE DIGEST編集部
 

関連記事(外部サイト)