渋野日向子、第3ラウンドをボギー発進。笹生優花は1つスコアを落としプレー中【全米女子オープン】

渋野日向子、第3ラウンドをボギー発進。笹生優花は1つスコアを落としプレー中【全米女子オープン】

3日目のスタートホールは、ボギーを叩いた渋野。依然首位でプレー中だ。(C)Getty Images

テキサス州ヒューストン・チャンピオンズGCにて行なわれている海外メジャー第4戦『全米女子オープン』の大会3日目がスタート。渋野日向子は12日11時35分(日本時間13日2時35分)にティオフし、サイプレスクリークコースの1番をボギー発進とした。

【PHOTO】“シブコスマイル”でギャラリーを魅了!渋野日向子の2020年を厳選ショットで振り返り!

 予選ラウンド2日間を「68」「67」と絶好調のゴルフを続ける渋野は「自分じゃないみたいで、正直この結果に対してはびっくりしています」と語っていた。この日は2位と3打差の首位で最終組からのスタートとなった。1番パー4のティショットはフェアウェイをとらえ、第2打でグリーンオンしたが10メートル以上のロングパットとなり、3パットでボギーとした。
  2位につけるリン・グラント(スウェーデン)もボギーでのスタート。首位の渋野と5打差の6位タイでスタートした19歳の大型ルーキー笹生優花は、1つスコアを落とし現在4番をプレー中。世界ランキング7位の畑岡奈紗はイーブンパーで26位タイにつけている。

構成●THE DIGEST編集部
 

関連記事(外部サイト)