渋野日向子、前半1つスコアを落とすも単独首位キープ。3打差で4人が猛追する【全米女子オープン】

渋野日向子、前半1つスコアを落とすも単独首位キープ。3打差で4人が猛追する【全米女子オープン】

3日目1つスコアを落としハーフタンを迎えた渋野日向子。(C)Getty Images

テキサス州ヒューストン・チャンピオンズGCにて海外メジャー第4戦『全米女子オープン』の大会3日目。渋野日向子は1つスコアを落とすも、依然トップをキープしたま前半9ホールを終えた。

【シブコPHOTO】笑顔弾ける渋野日向子の厳選ショット!プロテスト時の貴重な一枚も

 予選ラウンド2日間を「68」「67」と絶好調のゴルフで首位に立った渋野は、1番で3パットのボギーを叩くも、5番でバーディ奪取し取り返す。7番で再びボギーとし、1バーディ2ボギーで折り返した。
  現在、渋野と3打差の2位には、ヤーリミ・ノー(米国)、モリヤ・ジュタヌガーン(タイ)、ケイトリン・パップ(米国)リン・グラント(スウェーデン)の4名がつけている。今季国内で2勝した19歳の大型ルーキー笹生優花は、5つスコアを落とし通算3オーバーで26位タイ、世界ランキング7位の畑岡奈紗は通算4オーバーで31位タイでプレー中だ。

構成●THE DIGEST編集部
 

関連記事(外部サイト)