万全のコンディションで2年目を迎えるザイオン・ウィリアムソン「制限なしでプレーできることにワクワクしている」

万全のコンディションで2年目を迎えるザイオン・ウィリアムソン「制限なしでプレーできることにワクワクしている」

2019年ドラフト全体1位のザイオンが、2年目の開幕を前に意気込みを語った。(C)Getty Images

「今の俺は健康体で、最高な状態さ。なんの制限もなしにプレーできているから楽しいね。5対5もそうだし、フィジカル面でもそう。大好きなことを楽しんでできているよ」

 12月11日(日本時間12日、日付は以下同)。キャリア2年目を迎えたニューオリンズ・ペリカンズのザイオン・ウィリアムソンが、現在のコンディションについてそう明かした。

 2019年ドラフト全体1位指名の逸材は、昨季開幕直前に右ヒザの半月板を損傷したことで欠場が続き、NBAデビューを飾ったのは開幕から3か月が経った1月中旬。それでも、デビュー以降は爆発的な身体能力と屈強な肉体を武器に鮮烈なインパクトを残し、計24試合に出場して平均22.5点、6.3リバウンド、2.1アシストをマーク。フィールドゴール成功率は驚異の58.3%を記録し、オールルーキー1stチームにも選ばれた。

 11日の練習後、ザイオンは出場時間や動きに制限があった昨季とは違い、今季は伸び伸びプレーできていると語った。
 「(昨季は)常に制限があった。いいかい、俺はこれまで何回このことを言ってきたか分からないけど、制限があるというのは楽しくないんだ。コートへ出たら、あっという間に時間が過ぎてしまう。5分出たとしてもたった1分くらいに感じていた。でも今は制限なしでプレーできる。特定の動きとかの心配もなくね。だからワクワクしているんだ。大好きなバスケットボールができることにね」

 ザイオン擁するペリカンズは、今季からスタン・ヴァン・ガンディHC(ヘッドコーチ)が就任。このオフに再契約したブランドン・イングラムやロンゾ・ボール、JJ・レディックといったメンバーに加え、スティーブン・アダムズやエリック・ブレッドソー、ヴィリー・エルナンゴメスといった新戦力を加えた。

 ヴァン・ガンディHCはリーグ有数のディフェンシブなチームを構築することで知られ、今季はザイオンのディフェンス面における向上も期待できそうだ。フィジカル面でより自由に動くことができていることについて、ザイオンは「正直、それが俺の身体の動きなんだ」と切り出し、こう続けている。
 「俺は本来、自分の本能とIQを頼りにしているバスケットボールプレーヤーなんだ。でも昨シーズンはIQに頼ることしかできず、身体は特定のことができなかった。今はその両方があるから、大きな違いをもたらせるだろうね」

 NBAは11日からプレシーズンがスタート。ペリカンズは14日にマイアミ・ヒート、18日にミルウォーキー・バックスと戦い、23日にトロント・ラプターズとのシーズン初戦を迎える。
  そして25日の開幕2戦目には、昨季のイースタン・カンファレンス覇者ヒートとのクリスマスゲームが控えている。昨季プレーオフ出場を逃したペリカンズが目玉イベントのクリスマスゲームに抜擢された最大の理由は、ザイオンの存在にほかならない。この男が制限なくコート上で暴れ回る姿を、世界中のファンが待ち望んでいる。

文●秋山裕之(フリーライター)

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!

関連記事(外部サイト)

×