新日本ジェイ&EVILの危険なコンビがロスインゴに快勝も“微妙な関係”は継続!

新日本ジェイ&EVILの危険なコンビがロスインゴに快勝も“微妙な関係”は継続!

ジェイが1.5東京ドームに向けて二冠奪取をアピールした。(C)新日本プロレス

新日本プロレスは21日、『Road to TOKYO DOME』東京・後楽園ホール大会を開催した。

 メインイベントでは、内藤哲也&SANADA&BUSHIのロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンが、ジェイ・ホワイト&EVIL&ディック東郷のバレットクラブと対戦した。

 IWGPヘビー級&IWGPインターコンチネンタル二冠王者の内藤は、来年1.4東京ドーム大会で、飯伏幸太の挑戦を退ければ、1.5東京ドーム大会で挑戦権利証を保持しているジェイの挑戦を受けることが決まっている。SANADAは元パートナーであるEVILと1.5東京ドーム大会でシングル対決が決定しており、この試合はダブル前哨戦に。また、関係が微妙なジェイとEVILが同じコーナーに立つのも注目されるところ。

 試合前、ジェイはEVILに何やら話しかけるが、EVILはノーリアクション。だが、ジェイ、外道、東郷がウルフサインを合わせると、EVILはひと呼吸置いてからウルフサインを合わせて試合開始のゴング。バレットクラブは特に不穏なムードもなく、ラフ殺法とインサイドワークでロスインゴ勢を相手に優位に試合を進めていく。終盤、混戦模様の中、EVILがSANADAにEVIL、ジェイが内藤にブレードランナーと必殺技の競演。最後はEVILのダークネスフォールズで動きの止まったBUSHIを、ジェイがブレードランナーで仕留めカウント3を奪取。ジェイ&EVILの危ないコンビが、前哨戦を制している。

 試合後、EVILと東郷は試合前同様、ひと呼吸置いてから、ジェイ&外道とウルフサインを合わせると、SANADAを挑発。内藤から2本のベルトを強奪したジェイは、内藤、飯伏、そしてEVILの名前をあげて「俺が一番ということをよく覚えとけ」とアピール。バックステージに先に引きあげたEVIL&東郷はノーコメントで控室に入っており、ジェイとEVILの関係はまだ“良好”とは言えない。
  バックステージでジェイは、IWGP ヘビー&IWGPインターコンチベルトを掲げながら「ベルトがよく似合うだろ。ほら、写真を撮れ。俺の腹筋はどうだ。髪型はどうだ? 試合を終えたばかりだから、ちょっとボサボサだろうがベルトがよく似合ってるだろ!それにしても(ベルトは)重いな。今日の後楽園ホールで何が起こった?プロレス界のレジェンドの帰還だ。新日本を制覇したあの男が戻ってきたぞ。SNS でもその話題で持ちきりだった。タイガーマスクのことを言ってるんじゃないぞ、俺だ!リングでも言ったが、今も俺がトップだ!」と一気にまくし立てた。

 続けて外道が「もちろん君がベストだ」とジェイを立てると、「やっぱり外道は賢いな。EVILとディック東郷も少しずつ賢くなってきてるように俺たちのチームワークはバッチリだっただろ。(EVILと東郷)お前たちはよくやってくれた。大阪で権利証は俺のものになった。1.5でブリーフケースと共に入場し、2本のベルトを巻いてリングを去る。相手が飯伏でも内藤のどちらでも関係ない。二冠王に輝くのはこの俺だ」と2つのベルトを置いたまま控室へ。ジェイのコメントからハッキリとわかるのは、1.5東京ドーム大会で、二冠王になること。それを邪魔するものはドームの前に潰していくということだ。

◆新日本プロレス◆
『Road to TOKYO DOME』
2020年12月21日
東京・後楽園ホール
観衆 594人
▼6人タッグマッチ(30分1本勝負)
内藤哲也&SANADA&BUSHI●(17分36秒 片エビ固め)○ジェイ・ホワイト&EVIL&ディック東郷
※ブレードランナー

文●どら増田

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?