新日本、棚橋弘至が元付き人のオーカーンを意地の制裁!「絶対もう一度面白くするから」【レッスルキングダム15】

新日本、棚橋弘至が元付き人のオーカーンを意地の制裁!「絶対もう一度面白くするから」【レッスルキングダム15】

師弟関係を裏切ったオーカーンを倒した棚橋。(C)新日本プロレス

新日本プロレスは4日、『レッスルキングダム15』東京ドーム大会を開催した。

 第4試合では棚橋弘至と、THE EMPIREのグレート-O-カーンがシングル初対決。オーカーンは海外遠征前まで棚橋の付き人を務めており、棚橋はオーカーンの度重なる暴挙に怒り心頭。今大会での制裁を予告していた。

 試合は序盤から棚橋がコールの手拍子を煽って、ペースを握ろうとする。そんな棚橋を力ずくで引き離すオーカーン。場外では棚橋を鉄柱やエプロンに打ちつけるなど、パワフルなラフ殺法でダメージを与えていく。リングに戻るとオーカーンはモンゴリアンチョップから左膝狙いに。前哨戦ではパイプイスで棚橋をメッタ打ちにしており、今回も膝に照準を定めた。だが、棚橋は踏ん張りが効かない中、気力で打撃やサマーソルトドロップを決めていく。
  しかし、オーカーンは棚橋になかなかペースを握らせない。激しいエルボー合戦を制したオーカーンは再び棚橋の膝狙いへ。棚橋はこれを凌ぐとスリングブレイドからハイフライフローの体勢に入るもオーカーンがアイアンクローで捕獲。エリミネーターを狙われるがこれを切り返して、ツイスト&シャウト、ドラゴンスープレックスからハイフライフローで3カウント。強敵に育った元付き人を制裁した。

 棚橋はバックステージで「凱旋帰国っていうのはプロレスラーにとっては華なんですよ……それがこういう状況の中で悔しいだろうなって。相手のことだけど、相当悔しいだろうな、と。でもオカダ・カズチカの凱旋が一つの形であれば、オーカーンはオーカーンなりの爪痕を今しっかり残している最中だから…。今日はたまたま勝ったけど、今のIWGPインターコンチ戦線にいる選手」とオーカーンを思いやるコメントを寄せる。

 さらに「新日本プロレスを、もう一度盛り上げて復活させたって、皆さんに言ってもらえるので、残りのキャリアでベルトを狙うのはもちろんだけど、、もう一度プロレスを盛り上げます。残りのキャリア全部使ってでも。それが今までたくさん、たくさん応援してもらった俺の最後の…最後って言いたくないけど、俺の仕事だと思います」と涙声で語り、「絶対もう一度面白くするから…」と再びファンに誓った。

◆新日本プロレス◆
『レッスルキングダム15』
2020年1月4日
東京・東京ドーム
観衆12,689人

▼スペシャルシングルマッチ(60分1本勝負)
○棚橋弘至(17分13秒 片エビ固め)グレート-O-カーン●
※ハイフライフロー

文●どら増田
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?