八村に求められる守備面での貢献。指揮官とウエストブルックは「1番から5番まで守れるのはルイだけだ」と期待

八村に求められる守備面での貢献。指揮官とウエストブルックは「1番から5番まで守れるのはルイだけだ」と期待

6日のシクサーズ戦では精彩を欠いた八村。チームの主軸として、攻守両面での貢献が期待されている。(C)Getty Images

1月6日(日本時間7日、日付は以下同)に行なわれたフィラデルフィア・セブンティシクサーズ戦。ワシントン・ウィザーズは後半に背負った21点ビハインドを覆し、逆転まで持ち込んだものの、最後は136−141で敗れた。

 この試合でブラッドリー・ビールがキャリアハイを更新する60得点に7リバウンド、5アシスト、ラッセル・ウエストブルックが20得点、8リバウンド、12アシスト、3スティール、ダービス・ベルターンスが17得点を記録したが、連勝は2でストップ。

 開幕5連敗後、1日のミネソタ・ティンバーウルブズ戦、3日のブルックリン・ネッツ戦で連勝と調子を上げていただけに、ビールは悔しい思いを口にしている。

「(勝利した2試合で)俺たちは自分たちの力を見せたし、ディフェンスできること、正しいやり方でプレーできることを見せつけた。ミネソタとブルックリンを相手に、本当にいい勝利を収めることができたんだ。俺たちは(シクサーズ戦でも)同じ激しさを持ち込まなきゃいけなかったが、それができなかった。同じような集中力がなかった。それがこのチームのアキレス腱になっている」
  この試合、先発パワーフォワードの八村塁は24分9秒プレーしたものの、今季出場した4試合で最少の8得点、2リバウンドに終わり、チームが逆転に成功した第4クォーターもベンチから戦況を見守った。

「昨日、どういうわけかルイは試合前からハマっていなかった。彼だけじゃなく、ほかの選手たちもだ。引き締まっていなかった。若手選手たちの経験の浅さが響くこともあるが、何よりも大事なのは(試合への)心構え。昨日のルイは珍しく集中しきれていなかった。でも、明日の試合ではしっかりとバウンスバックする(立ち直る)だろう」

 スコット・ブルックスHC(ヘッドコーチ)は7日の練習後にそう語り、翌8日のボストン・セルティックス戦で八村が復調することを期待。シクサーズ戦ではジョエル・エンビードやベン・シモンズ、トバイアス・ハリスといった大柄な選手たちを前にフィールドゴール試投4本に終わり、ペイントエリアでボールをもらってもシュートまで持ち込めないシーンが散見された。
  それでも、今季の八村はスイッチからミスマッチを作り出し、ポイントガードやシューティングガードといったサイズで勝る相手に対してアグレッシブに攻め立てており、フリースロー試投数が昨季の平均2.9本から今季は5.5本とほぼ倍増している点は好材料だ。

 セルティックス戦ではペイントエリアの攻防にめっぽう強いトリスタン・トンプソンをはじめ、ダニエル・タイスやジェイソン・テイタム、ジェイレン・ブラウンといった好選手たちとマッチアップすることとなる。

 さらに、指揮官は八村が持つディフェンス面のポテンシャルについても期待を寄せている。

「実は今日の練習で、こんな話をしたんだ。ラスとも話したんだが、このチームで相手の1番(ポイントガード)から5番(センター)まで守れるのは『ルイだけだ』とね。ルイがしっかりと集中していれば(誰でも止められる)。もちろん、成長の余地はまだたくさんあるが、チームトップの選手(ウエストブルック)がこうして太鼓判を押すのは大きいことだ」
  ウィザーズは6日終了時点でリーグ2位の平均120.8点、オフェンシブ・レーティングも同8位の113.2と攻撃面は高い数字を残しているものの、平均122.9失点はリーグワーストで、ディフェンシブ・レーティングも27位の115.2と、依然として守備が課題となっている。

 指揮官は「今、チームはアンドワンを許しすぎている。確かここ4試合で20本も許している。最初の4試合では5、6本だったから、相手に得点を譲っているようなものだ。修正できたと思ったら、また元に戻っている。明日は(アンドワンが)ないことに期待している。なんとか(ディフェンスで)流れに乗りたいね。ルールに従いながら、もっと激しくファウルしなければいけない。もちろん、フレグラントファウルはダメだし、相手選手をケガさせてはいけない。でももっとフィジョカルに守らなければならない。うまく機能している時間帯はあるが、48分間を通してはできていない」と分析している。

 セルティックスはテイタムやブラウン、マーカス・スマートといった複数の好ディフェンダーを擁しており、ブラッド・スティーブンスHCは試合の中で様々なラインナップを駆使してウィザーズを抑えにくるはずだ。

 ビールとウエストブルック、ベルターンスには厳しいマークがつくことが予想されるなか、八村が攻守両面でアグレッシブな姿勢を保つことができるか。勝利のカギは、2年目の日本人フォワードが握っていると言っていいだろう。

文●秋山裕之(フリーライター)

【PHOTO】攻守でアグレッシブに躍動!NBA1年目から存在感を放った八村塁”の厳選ショット!

関連記事(外部サイト)