新日本、ディック東郷のスポイラーズチョーカーからEVIL葬!「CHAOSの連中は全員クズ」

新日本、ディック東郷のスポイラーズチョーカーからEVIL葬!「CHAOSの連中は全員クズ」

EVILとオカダの遺恨は日に日に深まり。オカダはすぐにでもシングルマッチを実現させたい意向だ。(C)新日本プロレス

新日本プロレスは24日、新シリーズ『Road to THE NEW BEGINNING』を東京・後楽園ホール大会を開催した。

 第3試合は1.6東京・TDCホール大会で遺恨が再燃し、連日対戦しているオカダ・カズチカとEVILが、それぞれ後藤洋央紀&YOSHI-HASHI、高橋裕二郎&ディック東郷とトリオを結成して今宵も対峙。

 バレットクラブはこの日も場外戦やYOSHI-HASHIの棒をEVILが奪って、オカダにチョーク攻撃をするなど、荒れた展開に。試合は終盤、後藤&YOSHI-HASHIの連携を切り抜けたEVILがマーティー浅見レフェリーを引きつけてる隙に、裕二郎がステッキで殴りかかる。YOSHI-HASHIはかわし、逆にステッキを手に取ったが、背後から東郷がスポイラーズチョーカーでYOSHI-HASHIの首を締め上げ、動きの止まったところをEVILが一気にEVILを決めてカウント3。

 バレットクラブが23日のIWGPジュニアタッグ戦に続いて、ダーティーファイトに東郷のインサイドワークが加わり、勝利を収めている。
  試合後、EVILを険しい表情でにらみつけたオカダは「まぁ、これが2冠王の…あっ、“元”か。“前”か……知らねぇよ、そんなの!ま、それが今のEVILの、“NOW EVIL”の時代か。いいじゃない、好きにやってくれよ。まぁ別にセコンド、誰がいようと、勝つのは強いヤツなんだから。ただ、いい戦いしようよ。そのために、新日本プロレス、よろしくお願いします。誰に言えばいいのかなぁ、会長かなぁ、 社長かなぁ。誰でもいいけど、よろしくお願いしますよ」と改めてシングルでの決着を宣言。新日本に対してカードを組むように促した。

 EVILは持参したパイプイスに座り「オカダよ、オマエ、そんなにこの俺とシングルやり てぇのかぁ?オマエはよぉ、俺のパレハ、東郷にビビってんだろう?そりゃそうだよな、オマエ。オマエは何度も何度も裏切られるほど、人間性も、頭もクズだもんな。ついでに CHAOSの連中、全員クズだもんなオイ。今日もきっちりスリーだ。これが正義だよ。オシ!」と言って東郷とToo Sweetポーズを決めると、東郷も去り際に「これが正義だオラ!」と叫んで控室へ。
  オカダとEVILのシングルマッチが日に日に実現濃厚となっているが、ここに来て“レスリングマスター”の異名を持つ東郷が試合でも存在感を増して来たのも事実。東郷も日本だけじゃなく、WWEをはじめ世界のマットで実力を認められいる選手なだけに、EVILのブレーンとしてだけではなく、プレーヤーとしても機能するとなると、オカダ率いるCHAOSにとって厄介な存在になるだろう。

 東郷を単なる白いスーツを着た怪しいマネージャーと思ったら、バレットクラブのペースは崩せない。スポイラーズチョーカーは東郷にとって現在の新日本マットへの挨拶代わりなのかもしれない。
 ◆新日本プロレス◆
『Road to THE NEW BEGINNING』
2021年1月18日
東京・後楽園ホール
観衆 471人
▼6人タッグマッチ(20分1本勝負)
オカダ・カズチカ&後藤洋央紀&YOSHI-HASHI●(10分14秒 片エビ固め)EVIL○&高橋裕二郎&ディック東郷
※EVIL

文●どら増田

【PHOTO】『WRESTLE KINGDOM 15』35分越えの激闘を制したのはオカダ・カズチカ

関連記事(外部サイト)