東京五輪の組み合わせが決定!八村&渡邊を擁する日本はW杯王者スペインと同組、アメリカはグループAに〈DUNKSHOOT〉

東京五輪の組み合わせが決定!八村&渡邊を擁する日本はW杯王者スペインと同組、アメリカはグループAに〈DUNKSHOOT〉

東京五輪の組み合わせが発表。日本はグループCに入った。(C)Getty Images

2月2日、東京2020オリンピック(以下、東京五輪)バスケットボール競技の組み合わせ抽選会が行なわれた。

 7月25日~8月8日に予定されている5人制バスケットボール競技は、男女ともに12か国が出場。男子は開催国枠が与えられている日本に加え、昨年のFIBAワールドカップ(W杯)において7か国の出場が決定済み。残りの4枠を決める最終予選は、6月29日~7月4日にセルビア、リトアニア、クロアチア、カナダの4か国を舞台に開催予定で、各会場の1位が出場権を獲得する。

 抽選の結果、東京五輪1次リーグの組み合わせは以下の通りとなった(カッコ内は、FIBAランキング/出場枠)。

■グループA
アメリカ(1/W杯アメリカ地区2位)
フランス(6/W杯ヨーロッパ地区2位)
最終予選カナダ会場勝者
イラン(23/W杯アジア地区1位)

■グループB
オーストラリア(3/W杯オセアニア地区1位)
最終予選セルビア会場勝者
最終予選クロアチア会場勝者
ナイジェリア(22/W杯アフリカ地区1位)

■グループC
スペイン(2/W杯ヨーロッパ地区1位)
アルゼンチン(4/W杯アメリカ地区1位)
最終予選リトアニア会場勝者
日本(41/開催国)
  1次リーグは12チームが3組に分かれて総当たり戦を実施。各組上位2チームと各組3位のうち2チームの計8チームが決勝トーナメントに進む。

 1976年モントリオール五輪以来、45年ぶり7回目の出場となる日本は、W杯チャンピオンのスペインと準優勝のアルゼンチン、最終予選リトアニア会場勝者と同組に。強豪揃いとあって苦戦は必至だが、NBAワシントン・ウィザーズの八村塁、トロント・ラプターズの渡邊雄太の2本柱と、Bリーグ勢を中心に勝利を目指す。

 そのほか、五輪3連覇中の王者アメリカはグループAに入った。なお、今季のNBAはレギュラーシーズン終了が5月16日、ファイナル第7戦の終了日が五輪開幕直前の7月22日に設定されている。

構成●ダンクシュート編集部

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?