ワクワク感しかない!名手が揃うトップリーグ2021の「オールスターチーム」を組んだら、やっぱり凄すぎた

ワクワク感しかない!名手が揃うトップリーグ2021の「オールスターチーム」を組んだら、やっぱり凄すぎた

稲垣(左)、バレット(左から2番目)、マピンピ(右から2番目)、レイドロー(右)らのプレーは今季のトップリーグの大きな見どころだ。(C)Getty Images

新型コロナウイルスの影響による延期を経て、ジャパンラグビートップリーグ(以下トップリーグ)2021シーズンがいよいよ2月20日に開幕を迎える。

 今季の注目ポイントは、やはりラグビーワールドカップで活躍したワールドクラスの選手が一斉に日本に集結したことだ。久しぶりに公式戦に出場する日本代表勢も含め、今季のトップリーグで特に活躍が期待される顔ぶれを挙げつつ、本稿限定のオールスターチームを編成したい。FWから順に選んでいくとしよう。

 ルースヘッド(左)PRは、日本代表として長年活躍中の稲垣啓太(パナソニック)が今季も安定して高いパフォーマンスを見せるだろう。タイトヘッド(右)PRはスクラムやボールキャリーが光る具智元(Honda)が引き続き充実のシーズンを過ごすことになりそうだ。

 続いてHOは、坂手淳史やベテランの堀江翔太(以上パナソニック)、庭井祐輔(キヤノン)に期待したいところだが、日本で2シーズン目を迎える南アフリカ代表マルコム・マークス(クボタ。NTTコミュニケーションズから移籍)が世界屈指のフィジカルの強さとセットプレーの安定感を惜しみなく見せつけるはずだ。
  LOは、2014年にワールドラグビー年間最優秀選手に輝いたニュージーランド代表ブロディ・レタリック(神戸製鋼)と、南アフリカ代表フランコ・モスタート(Honda)というワールドカップ優勝経験者たちが筆頭に挙げられるだろう。負けず劣らずの実力者であるイングランド代表ジョージ・クルーズ(パナソニック)や日本人LOの活躍にもぜひ期待したい。

 FW第3列、まずFLは、日本代表ではキャプテンのリーチ マイケル(東芝)、ピーター・“ラピース”・ラブスカフニ(クボタ)、ヘル ウヴェ(ヤマハ発動機)、布巻峻介(パナソニック)など人材豊富だ。そして今季はオーストラリア代表キャプテンにして世界屈指のオープンサイドFLマイケル・フーパー(トヨタ自動車)が来日。元ニュージーランド代表マット・トッド(東芝)や元オーストラリア代表リアム・ギル(NTTコミュニケーションズ)も強烈な存在だが、ここから選ぶならリーチとフーパーは外せないだろう。
  NO8は、ニュージーランド代表キャプテンとして世界からリスペクトされてきたキアラン・リードの名を真っ先に挙げたいところだが、類稀な突破力で昨季9トライを獲得しインパクトを残したナエアタ ルイ(神戸製鋼)はそれを上回る輝きを放っている。日本代表に手をかけるか、今季の活躍が楽しみな選手だ。

 続いてBKに入るが、ここからはさらに悩ましい。特にSHは激戦区だ。かつてスコットランド代表のキャプテンとして日本代表を幾度も苦しめてきたグレイグ・レイドロー、ハカのリーダーを拝命するニュージーランド現役SHのTJ・ペレナラ(NTTドコモ)は北半球と南半球をそれぞれ代表する名手だ。一方で流大(サントリー)、田中史朗(キヤノン)、茂野海人(トヨタ自動車)、日和佐篤(神戸製鋼)をはじめ日本人SHも粒ぞろいで、齋藤直人(サントリー)らフレッシュな戦力も楽しみだ。だが、やはり注目度や経験値などを総合してレイドローを選びたい。
  SOは、現ニュージーランド代表でワールドラグビー年間最優秀選手に2度輝いた世界の至宝ボーデン・バレット(サントリー)で異論なさそうだ。ただ、元ニュージーランド代表アーロン・クルーデン(神戸製鋼)とコリン・スレイド(三菱重工相模原)、オーストラリア代表バーナード・フォーリー(クボタ)とクリスチャン・リアリーファノ(NTTコミュニケーションズ)、元イングランド代表アレックス・グッド(NECグリーンロケッツ)などワールドクラスの選手がずらりと揃っている。もちろん日本代表の司令塔の田村優(キヤノン)や松田力也(パナソニック)、田村熙(サントリー)、ヘイデン・パーカー(神戸製鋼)、サム・グリーン(ヤマハ発動機)など10番の候補は枚挙にいとまがない。

 CTBについては、まずインサイド(12番)はウェールズ代表ハドレー・パークス、そしてアウトサイド(13番)は昨季から活躍中のオーストラリア代表サム・ケレビ(サントリー)を選びたい。日本代表の中村亮土、梶村祐介(以上サントリー)、ラファエレ ティモシー(神戸製鋼)、マイケル・リトル(三菱重工相模原)、ニュージーランド代表ライアン・クロッティ(クボタ)、南アフリカ代表ジェシー・クリエル(キヤノン)、ディラン・ライリー(パナソニック)など、CTBも見逃せない選手ばかりだ。
  WTBにも優秀なランナーが揃うが、やはり今季が現役ラストイヤーとなる福岡堅樹(パナソニック)、ラグビーワールドカップ2019で6トライを挙げたマカゾレ・マピンピ(NTTドコモ)がピッチを駆け抜ける姿を多く見ることができそうだ。もちろんレメキ ロマノ ラヴァ(宗像サニックス)やアタアタ・モエアキオラ(神戸製鋼)、また昨季のトップリーグで11トライを挙げた最多トライゲッターのマロ・ツイタマ(ヤマハ発動機)、福岡の後継者を目指す竹山晃暉(パナソニック)らのトライ量産にも期待したい。

 FBは来日2年目の南アフリカ代表ウィリー・ルルー(トヨタ自動車)を挙げたい。元ニュージーランド代表でワールドカップ2大会に出場したベン・スミス(神戸製鋼)にも期待したいところだがCTBとの併用が見込まれており、神戸製鋼のFBはこれまで通り山中亮平が中心となりそう。また、今季限りでの引退を表明している元日本代表の五郎丸歩(ヤマハ発動機)の最後の活躍も必見だ。
  ドリームチームと表現するほかない多士済々の選手が揃うトップリーグだが、新リーグへの移行のため今季が最後のシーズンとなる。「ワールドカップの再現」と表現したくなるハイレベルなプレーの数々が飛び出すこと、そして日本ラグビーがさらにレベルアップすることを大いに期待しつつ、最後のトップリーグを楽しむとしよう。

【PHOTO】バレット、レイドロー、稲垣らトップリーグの「オールスター」15人を一挙紹介!

■齋藤龍太郎が選ぶトップリーグ2021オールスター ※シーズン開幕前選出
1/稲垣啓太(パナソニック ワイルドナイツ)
2/マルコム・マークス(クボタスピアーズ)
3/具智元(Honda HEAT)
4/ブロディ・レタリック(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)
5/フランコ・モスタート(Honda HEAT)
6/リーチ マイケル(東芝ブレイブルーパス)
7/マイケル・フーパー(トヨタ自動車ヴェルブリッツ)
8/ナエアタ ルイ(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)
9/グレイグ・レイドロー(NTTコミュニケーションズシャイニングアークス)
10/ボーデン・バレット(サントリーサンゴリアス)
11/福岡堅樹(パナソニック ワイルドナイツ)
12/ハドレー・パークス(パナソニック ワイルドナイツ)
13/サム・ケレビ(サントリーサンゴリアス)
14/マカゾレ・マピンピ(NTTドコモレッドハリケーンズ)
15/ウィリー・ルルー(トヨタ自動車ヴェルブリッツ)

文●齋藤龍太郎(楕円銀河)
 

関連記事(外部サイト)