ブッカーは不動のエース、エンビードは古豪復活の立役者に。各チームの最古参プレーヤーは?【Part.2】〈DUNKSHOOT〉

ブッカーは不動のエース、エンビードは古豪復活の立役者に。各チームの最古参プレーヤーは?【Part.2】〈DUNKSHOOT〉

エンビードはケガでデビューが2年遅れたが、1年目からシクサーズの大黒柱として活躍し、今やリーグ屈指のビッグマンに成長を遂げた。(C)Getty Images

1990〜2000年代のNBAには、ジョン・ストックトン、レジー・ミラー、ティム・ダンカン、コビー・ブライアントといった引退まで同一チームで過ごしたフランチャイズプレーヤーや、ケビン・ガーネットやポール・ピアース、ドゥエイン・ウェイドなど、ドラフトで指名された球団に10年以上在籍した選手が複数いた。

 しかし、近年のリーグでそういった選手は稀。今季も開幕前にワシントン・ウィザーズの大黒柱ジョン・ウォールがヒューストン・ロケッツへ、1月には2018年のMVPでロケッツ不動のエースだったジェームズ・ハーデンがブルックリン・ネッツへ移っている。

 ここでは、移籍が日常茶飯事となっている現代のリーグで、各球団の最古参プレーヤーを紹介する。(チーム名は略称。カッコ内は加入・契約を結んだ年月)

    ◆    ◆   ◆
 ■在籍5年目
ロケッツ:エリック・ゴードン(16年7月)
ネッツ:ジョー・ハリス(16年7月)

 ゴードンはロケッツ在籍1年目から平均16.2点をあげ、シックスマン賞を受賞。その後も頼れるベンチスコアラーとしてジェームズ・ハーデンら先発陣の負担を軽減してきた。19年には4年7600万ドルの延長契約を結び、今季も平均17.8点と持ち味の得点力は健在だが、ロケッツはエースのハーデンを放出し再建にシフトしたため、近々32歳のベテランも移籍するかもしれない。

 ハリスは14年のドラフト2巡目でキャブズに入団するも、2年間で56試合、平均2.5点と結果を残せず、16年1月にマジックへトレード。ただすぐに解雇され、同年のオフにネッツとサインした。再建中のチームで1年目から得意の3ポイントを高確率で決め、自身の居場所を確保すると、3年目の19年にはオールスターの3ポイントコンテストで優勝、さらに成功率でリーグトップに輝いた。FAになった昨年のオフには新たに4年7500万ドルで再契約。今季はケビン・デュラント、カイリー・アービング、ハーデンに次ぐ第4の得点源として自己最高の平均14.9点、3ポイント成功率50.4%をマークしている。
 ■在籍6年目
ウルブズ:カール・アンソニー・タウンズ(15年7月)
ペイサーズ:マイルズ・ターナー(15年7月)
サンズ:デビン・ブッカー(15年7月)
ブルズ:クリスティアーノ・フェリシオ(15年7月)
 
 タウンズ、ターナー、ブッカーの3人はドラフト入団組。1位指名のタウンズは、1年目から6年連続で得点とリバウンドでダブルダブルを達成するなど、ウルブズの中心選手として活躍中。211pと長身ながら、キャリアの3ポイント成功率は39.6%と一流シューター並みの高確率で、ストレッチ5の代表格となっている。

 ペイサーズのターナーはタウンズほどの攻撃力はないものの、インサイドの守備力は当代屈指で19年にはブロック王に。今季もリーグトップの3.4ブロックをマークしている。今やサンズ不動のエースとなったブッカーは、2年目の試合で歴代10位タイ、現役では最多となる70得点を叩き出したように類まれな得点力を持ち、18年にチームとMAX契約を締結。19、20年には平均得点で2年連続トップ10入りを果たし、昨季は初のオールスターに選ばれた。

 フェリシオはドラフト外でブルズに入団したブラジル人センター。プロ入りから2年間は控えセンターとしてまずまずの働きを見せ、17年に4年契約を締結したが、攻撃力に乏しく年を追うごとにプレータイムが減少。今季の出場はわずか6試合とほぼ戦力外の状態で、シーズン終了後にチームを去るのはほぼ確実だろう。
 ■在籍7年目
セルティックス:マーカス・スマート(14年7月)
ナゲッツ:ギャリー・ハリス(14年7月)
キャバリアーズ:ケビン・ラブ(14年8月)
シクサーズ:ジョエル・エンビード(14年8月)
マーベリックス:ドワイト・パウエル(14年12月)

 守備力に秀でたスマートはルーキーイヤーからローテーション入り。そのスキルはリーグ内でも評価が高く、19、20年にはオールディフェンシブ1stチームに選出。26歳のコンボガードは守備のエース、そしてボストンの“ハート&ソウル”として不可欠な存在となっている。

 ラブはレブロン・ジェームズ、アービングとビッグ3を結成。ストレッチ4として16年の優勝に貢献した。レブロンとアービング退団後もチームに残ったベテランは、昨オフのトリスタン・トンプソン(11年加入)の移籍により、在籍最長選手となった。

 エンビードは右足の疲労骨折で2年間を全休。それでも16年にデビューするとルーキーイヤーから平均20.2点、7.8リバウンド、2.5ブロックと期待通りの働き。2年目からは毎年オールスターに選ばれ、リーグ下位が定位置だったどん底のシクサーズをプレーオフの常連に復活させた。今季は平均30.0点、11.3リバウンド、3ポイント成功率41.5%と絶好調で、初のMVPも視野に入れている。

 2年目に先発の座を掴んだハリスは、4年目にキャリアベストの平均17.5点を記録。だが近年はニコラ・ヨキッチやジャマール・マレーらの台頭によってチーム内での序列が下がり、成績も下降している。パウエルはセルティックスで5試合に出場したが、ラジョン・ロンドとのトレードでマブズに移籍し、以降はダラス一筋だ。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!

関連記事(外部サイト)

×