渋野日向子がイーブンパーで初日折り返し。首位を4打差で追走!【明治安田生命レディス】

渋野日向子がイーブンパーで初日折り返し。首位を4打差で追走!【明治安田生命レディス】

7番でバウンスバックを決めた渋野。前半をイーブンパーの「36」で回った。(C)Getty Images

3月12日、国内女子ゴルフの2021年第2戦『明治安田生命レディス』が高知県・土佐カントリークラブで開幕。注目の渋野日向子は前半9ホールをイーブンパーで折り返した。

【PHOTO】2021年第2戦に挑む渋野日向子、2020年の厳選ショットを一挙にお届け!

 1番からパーを並べる展開が続いた渋野。6番でボギーが先行したものの、続く7番では下りフックラインを沈めてバウンスバックを決める。8、9番はきっちりとパーで回り、前半は1ボギー、1バーディの「36」で終了、首位と4打差の43位タイで後半へ進んだ。
  現時点で首位に立つのは、ともに4アンダーで後半5番をプレーしている吉川桃と武尾咲希。1打差の2位には山路晶、永井花奈、ささきしょうこ、上原彩子の4選手が並んでいる。2週連続優勝を狙う小祝さくらは8ホールを消化して1アンダー。昨年公式戦2勝を挙げた原英莉花は、3オーバーでハーフを終えて後半に進んでいる。

構成●THE DIGEST編集部

関連記事(外部サイト)