羽生結弦の最大の目標は「北京五輪ではなく、4回転アクセルの成功」


世界選手権のエキシビションで『花は咲く』を披露した羽生結弦

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、選手らは外部と遮断された中で行動するバブル方式が採用された3月の世界フィギュアスケート選手権。大会最終日の3月28日は、前日までの戦いを終えた選手たちが出演するエキシビションが行なわれた。

 その舞台に羽生結弦が選んだプログラムは『花は咲く』だった。「(コロナ禍の)こんな時代だからこそ僕なりに、世の中に対してメッセージのあるものにできたらいいなと思う」と話していた。

 2011年の東日本大震災復興支援ソング『花は咲く』に振り付けをした4分31秒のプログラムで、羽生は14年11月のNHK杯のエキシビション初めて観客の前で披露した。

 胸の前に抱えた一輪のピンク色の花を氷上に置いて、その周囲を滑り出す。

 いつの日か、時が満ちれば必ず咲き誇ってくれる花。その生命力の確かさを崇めて、待ちわびる心を自身の舞いで表現する。体の隅々までに感情を込めた羽生らしい柔らかで伸びのある滑り。前日のフリーではミスをしたトリプルアクセルも、見違えるようなきれいさで決めた。彼の心から染み出した思いが、観客のいない巨大な空間を静寂で満たすような演技だった。

続きを見る

関連記事(外部サイト)

×