「ポスト福岡堅樹」の有力候補たち。その筆頭は名WTBを父に持つサラブレッド

 2021年のトップリーグ最終戦。韋駄天WTB(ウイング)福岡堅樹はトライを挙げてパナソニックの優勝に貢献し、「何ひとつ悔いはありません」とブーツを脱いで医学の道へ進んだ。

 今夏1年半ぶりに活動を再開したラグビー日本代表において、その希代のWTBを失った穴は大きい。2023年ワールドカップでベスト4以上を目指すチームにとって、「ポスト福岡」の発掘は急務だ。

 2年後、福岡に匹敵するランナーは誕生しているだろうか。期待を込めて注目の若手を紹介したい。


トップリーグでもトライを量産して成長著しい高橋汰地

 まずその筆頭は、今年のトップリーグで9トライを挙げたWTB高橋汰地(たいち/24歳/トヨタ自動車)だろう。今回、追加招集ながら初めて日本代表入りを果たし、6月12日の試合ではサンウルブズの一員として出場する。

 日本代表を率いるジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)は、「福岡とは違うタイプですが、『Xファクター』になりうる選手」と評価する。それに対して高橋は、「期待されていることは素直にうれしい。こぼれてきたチャンスをいかにつなげていくか。コーチ陣に何かひとつでもいい選手だと思ってもらえるようなプレーを見せられたらと思います」と意気込んだ。

 兵庫県出身の高橋は、伏見工業高→神戸製鋼で活躍した名WTB高橋晃仁を父に持つサラブレッド。常翔学園高時代、高橋の体格はまだ細かったが、明治大の田中澄憲監督(当時)は「どうして全国区の選手になっていないのか」との印象を持ったという。その光る才能は、明治大で開花する。

 大学ではベンチプレスで165kgを上げるなど、フィジカルトレーニングに熱心に取り組んだ。当たり負けしない体を手に入れると、いつしか紫紺のジャージーのエース的存在となり、22年ぶりの大学選手権優勝に貢献した。

 トヨタ自動車でも1年目から試合に出場し、2年目の今年はチームメイトの南アフリカ代表FB(フルバック)ウィリー・ルルーの指導も仰ぎ、ハイボールキャッチのスキルを磨いた。その結果、トップリーグ開幕戦から2試合連続でMOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に輝き、プレーオフ準決勝のパナソニック戦では連続トライを挙げて「ポスト福岡」を印象づけた。

続きを見る

関連記事(外部サイト)