羽生結弦、苦難は「貴重な経験」と語る強さ。「こういう性格だからこそ、アクシデントからはい上がって来られた」

『羽生結弦は未来を創る〜絶対王者との対話』
第Y部 類まれなメンタル(3)

数々の快挙を達成し、男子フィギュアスケートを牽引する羽生結弦。常に挑戦を続ける桁外れの精神力と自らの理想を果敢に追い求める情熱を持つアスリートの進化の歩みを振り返る。世界の好敵手との歴史に残る戦いや王者が切り拓いていく未来を、長年密着取材を続けるベテランジャーナリストが探っていく。


2015年、世界国別対抗戦フリー演技の羽生結弦

 グランプリ(GP)シリーズ中国杯の練習中、他選手との衝突のアクシデントから始まった羽生結弦の2014−15シーズン。GPファイナルでは復活の姿を見せて連覇を果たしたものの、その2週間後の12月末には新たな苦難に襲われた。

 羽生は全日本選手権のフリー終了後に、続いていた腹部の痛みの診察をするために緊急入院。そのまま手術して安静期間を取った。15年2月の練習再開直後にもねんざをして2週間練習を休んだ。

 ギリギリで間に合わせた3月の世界選手権は、ショートプログラム(SP)1位から、フリーでハビエル・フェルナンデス(スペイン)に逆転されて2位。15年4月に東京で行なわれたシーズン最後の世界国別対抗戦の後には、激動のシーズンを「自分のせいだと思っています」と総括した。その言葉には、どんな経験でも自分の糧にしていかなければいけないという、強い意志が感じられた。

 その世界国別対抗戦、羽生はSPに続き、フリーでも192・31点でトップとなり、日本チームの3位表彰台に大きく貢献した。日本からは、羽生結弦、無良崇人、宮原知子、村上佳菜子、古賀亜美とフランシス ブードロ・オデ(ペア)、キャシー・リードとクリス・リード(アイスダンス)が出場。ほかの出場国は、ロシア、アメリカ、カナダ、フランス、中国だった。

続きを見る

関連記事(外部サイト)