女子バレー江畑幸子が語る、セッター佐藤美弥との秘話。よく対戦した小中時代、同じ学校に通った高校時代

女子バレー江畑幸子 
引退インタビュー 前編

 3月25日に引退を表明した、元バレーボール女子日本代表の江畑幸子。2010年に、Vリーグ2部のチームだった日立佐和リヴァーレ(現・日立リヴァーレ)から代表に選ばれ、ロンドン五輪では木村沙織とのダブルエースで銅メダル獲得に貢献した。

 インタビュー前編は、幼稚園からの幼なじみで日本代表のセッターとしても活躍し、奇しくも同年に引退した佐藤美弥との思い出を聞いた。


高校、日立リヴァーレでチームメイトだった江畑幸子(左)と佐藤美弥(右) Photo by Sakamoto Kiyoshi

***

 1989年11月に秋田県秋田市で生まれた江畑は、両親がバレー経験者(父は社会人チームでもプレー)で、2歳上の兄もバレーをする"バレーボール一家"で育った。自身がバレーを始めたのは小学3年生の時。母がコーチの資格を取って江畑が通う小学校にクラブチームを作り、そこに入ったことがきっかけだった。

 小学校時代はまだポジションが定まっていなかったものの、「当時も(現役時代と同じ)レフトから打つことが多かったですね」と振り返る。のちに日本代表で活躍する選手の中には、早くから身長が高かったという選手も多いが、江畑はそうではなかったという。

「当時の身長は、平均よりは高かったと思うんですけど、私の小学校にはもっと大きい子がいたんです。小学校6年生で170cmくらいある子がたくさんいて、それに比べると私はまだ小さかったですね」

 強豪国相手にも臆しない"強気な点取り屋"という現役時代のプレースタイルは、この頃に培われたようだ。

「チームの監督は『とりあえず攻めろ』という方で、フェイントをしたら『それは逃げのプレーだから、とにかく打て!』と怒られた記憶があります。打ち切ることを重視した監督でしたが、そこで江畑幸子という選手像ができあがった気がします」

続きを見る

関連記事(外部サイト)