中村憲剛×佐藤寿人「監督論」。毎日の練習が本当に楽しかった指導者は…

中村憲剛×佐藤寿人
第6回「日本サッカー向上委員会」@前編

 1980年生まれの中村憲剛と、1982年生まれの佐藤寿人。2020年シーズンかぎりでユニフォームを脱いだふたりのレジェンドは、現役時代から仲がいい。気の置けない関係だから、彼らが交わすトークは本音ばかりだ。ならば、ふたりに日本サッカーについて語り合ってもらえれば、もっといい未来が見えてくるのではないか。飾らない言葉が飛び交う「日本サッカー向上委員会」、第6回はふたりの「監督論」について語ってもらった。

   ※   ※   ※   ※   ※


中村憲剛と佐藤寿人の対談はいつも話が止まらない

佐藤 憲剛くんは、プロ1年目の時の監督は誰でした?

中村 石ア(信弘)さん。2年目が関塚(隆)さん、そのあとは高畠(勉)さん、相馬(直樹)さん、風間(八宏)さんときて、最後が鬼木(達)さん。

佐藤 日本人ばかりですね。

中村 たしかにそうだね。代表だと(イビチャ)オシムさん、岡田(武史)さん、(アルベルト)ザッケローニさん。

---- そのなかで一番、影響を受けた監督は誰ですか?

中村 どの監督にも大なり小なり、影響は受けています。やっぱり、その時々で経験できることはありますから。ただ、順番としては、石アさんが最初でよかったと思っています。

佐藤 どうしてですか?

中村 石アさんの当時のトレーニングは、練習がかなりハードだった。だから、若い時に出会ってよかったと思う。もし、30歳を過ぎてあの指導を受けていたら、大変だったかもしれない。

佐藤 その時のベテラン選手は大変だったでしょうね。

中村 そう思うよ。「フィジテク」って言って、基礎練習を全力でやるメニューがあって。石アさんとは1年だけだったんですけど、その1年間で、プロでやっていく身体のベースは作らせてもらったと思っています。寿人は(携わった監督は)何人いる?

佐藤 僕は高校3年生の時からトップに行っていたので、そこも含めると、かなりの数ですよ。高校3年の時はゲルト・エンゲルスさんで、プロ1年目はルーマニア人のニコラエ・ザムフィールさん。

続きを見る

関連記事(外部サイト)