石川祐希が日本代表キャプテン1年目を総括。「世界一の選手になる」ための課題も挙げた

 男子バレーボール日本代表のエースであり、今季は主将を務めた石川祐希。東京五輪での29年ぶりのベスト8進出を果たしたチームを、メンタル面、プレー面でもけん引した。

 中垣内祐一代表前監督から電話がかかってきたのは、2021年に入ってすぐのこと。

 主将になってもらえないか――。

 リオ五輪に出場を逃したあと、代表の主将になることを意識していたという石川は、そのオファーを迷わず承諾した。


9月のアジア選手権でも、積極的に声を出してチームをけん引した主将の石川 photo by Sakamoto Kiyoshi

 イタリア1部のセリエAでのプレーの影響で代表合宿への合流が遅れ、イタリアで開催されたネーションズリーグ(VNL)からチームに参加。初めて主将として臨んだイラン戦はストレート勝ちし、「僕自身のパフォーマンスはそれほどよくなかったが、チームが勝てたことはよかった」と冷静に振り返った。

 同大会は16カ国中11位で、順位だけを見れば少し不安を残して初の五輪へ。先に金メダルを獲得した柔道の阿部(一二三・詩)兄妹に「刺激を受けた」という石川は、初戦ベネズエラ戦で着実に得点を重ね、29年ぶりの勝利を手繰り寄せた。続いて、VNLで負けていたカナダにもセットカウント3−1で勝利。予選ラウンド突破に光が見えた。

 しかし、リオ五輪銀メダルのイタリア、世界選手権を連覇中のポーランドと、強豪と競り合ったものの連敗し、予選最後のイランとの試合で勝ったほうが予選突破という大一番を迎える。この試合で石川は、チームメイトがコートに入る時にひとりずつハグをし、試合が始まってからはミスした選手にすかさず声をかけた。

 プレー面でも第4セット途中からキレを増し、セットカウント2−2で第5セットに突入すると、いきなりの2連続サービスエースを決めてチームを乗せた。のちに石川も「個人的な五輪のベストプレーは、イラン戦第5セットの連続エース」と話したが、"ここぞ"というところでの得点は、まさに「キャプテンでエース」にふさわしかった。

続きを見る

関連記事(外部サイト)