そろそろ荒れそうな毎日王冠。不気味なのは過去10年で波乱を演出したタイプに似た3頭

そろそろ荒れそうな毎日王冠。不気味なのは過去10年で波乱を演出したタイプに似た3頭

そろそろ荒れそうな毎日王冠。不気味なのは過去10年で波乱を演出したタイプに似た3頭の画像

 今週から秋の東京開催がスタート。10月10日にはGII毎日王冠(芝1800m)が行なわれる。

 秋の大舞台に向けて、実績馬が始動戦に選ぶことも多い一戦とあって、比較的堅いレースといった印象が強い。現に過去10年の結果を振り返ってみると、1番人気が7勝と断然。特にここ3年は1番人気が3連勝を飾って、3連単でも2018年の1万170円を最高に、2019年が1000円、2020年が3430円という低配当にとどまっている。

 とはいえ、伏兵の出番がまったくないわけではない。過去には8番人気以下の伏兵が何度か馬券圏内(3着以内)に飛び込んできて、2012年、2014年には3連単で30万円超えの高配当が生まれている。

 そうなると、穴狙いに徹するのも悪くない。とりわけここ3年は堅い決着で収まっていることを考えると、そろそろ波乱が起こってもおかしくない。そこで、過去10年の結果を参考にして、今年のレースで台頭しそうな穴馬をあぶり出してみたい。

 まずピックアップしたいのは、前走で重賞を勝ちながら低評価にとどまりそうな馬だ。というのも、そういったタイプの好走例が多いからだ。

 たとえば、2011年に5番人気で3着と善戦したミッキードリーム、2013年に5番人気で3着入線を果たしたクラレント、2015年に4番人気で2着に入ったディサイファ、2017年に5番人気で2着となったサトノアラジン、そして2020年に4番人気で2着と好走したダイワキャグニーらがそうだ。

 いずれも前走で重賞を、サトノアラジンに限ってはGIを勝っていながら、人気上位を争うことはなかった。他にもそれだけ、実績豊富な馬や魅力的な実力馬が顔をそろえているからでもあるが、直近のレースで結果を残している馬は、やはり侮ってはいけない。

続きを見る

関連記事(外部サイト)