出雲駅伝で打倒・駒澤大に燃える3大学。隙のない王者を倒すための勝ちパターンは?

 学生三大駅伝の幕開けとなる出雲駅伝が10月10日に行なわれる。昨年は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から中止になったため、2年ぶりの開催。今回は、昨季の全日本駅伝と箱根駅伝を制した駒澤大がV候補の筆頭になる。


3年の田澤廉(左)や2年の鈴木芽吹(右)など、充実の駒澤大を脅かす大学はあるか

 駒澤大はスピードで他校を圧倒している。5月の日本選手権10000mで田澤廉(3年)が日本人学生歴代2位の27分39秒21、鈴木芽吹(2年)が同3位の27分41秒68をマーク。2位と3位に入り、この種目では大迫傑以来(早稲田大3、4年時)となる"大学生表彰台"となった。

 田澤を温存する形になった関東インカレは、2部10000mで唐澤拓海(2年)が日本人トップを奪い、同5000mでは唐澤と鈴木が日本人ワン・ツーを飾っている。9月の日本インカレ5000mでは篠原倖太朗(1年)が2位に食い込むと、9月19日の日体大長距離競技会5000mで安原太陽(2年)が13分43秒65の自己ベストをマークした。

 出雲は1区8.0km、2区5.8km、3区8.5 km、4区6.2 km、5区6.4 km、6区10.2 kmの6区間45.1 km。駒澤大は田澤、鈴木、唐澤の3本柱が超強力で、順当なら1、3、6区のロング区間を3人が担うことになるだろう。つなぎの区間も5000m13分40秒台の実力を持つ選手が入るため、隙が見当たらない。

 学生駅伝3連勝を狙う駒澤大に勝負を仕掛けたいのが、「駅伝3冠」を目標に掲げる青学大と早稲田大、そして初出場で初優勝を目指す東京国際大だ。

 青学大は、近藤幸太郎(3年)が今季5000m(13分34秒88)と10000m(28分10秒50)で青学大記録を塗り替えるなどエースに成長。学生駅伝で主要区間を務めてきた湯原慶吾(4年)、岸本大紀(3年)、中村唯翔(3年)は登録メンバーから外れたが、原晋監督は選手を試すことはせず、ベストメンバーを組んできた。学生駅伝未経験の選手のなかでは、関東インカレ2部ハーフマラソンを制した西久保遼(3年)、5000mで13分41秒32のタイムを持つ若林宏樹(1年)がどんな走りを見せるのかに注目したい。

続きを見る

関連記事(外部サイト)