松木安太郎が解説でネガティブ発言を控える理由。そうしないと「競技のおもしろみをスポイルすることになる」

カタールW杯アジア最終予選特集
松木安太郎さんインタビュー@後編

 サッカー解説で「唯一無二の存在」として、圧倒的なオーラを放つ松木安太郎氏。自身の解説者としてのスタンスについて語ったインタビュー前編に続き、後編では台頭する若手の解説者たちについても聞いた。

「松木安太郎インタビュー@前編」はこちら>>


解説者としても活躍する内田篤人氏

---- 国内のサッカー環境は、Jリーグの始まった1990年代から大きく様変わりしました。サッカー中継で言えば、今回のW杯アジア最終予選は、アウェーでの試合はテレビ中継がなくネットでの配信です。時代の転換期のなかでサッカーを伝える難しさや意義を、どう捉えられていますか?

「ネット中継に限らず、ペイパービューが増えるのは専門色が増えていいことだと思うんですよね。お金を払っても観たいという視聴者はサッカーへの造詣を持つ人たちなので、テレビ中継ではできないような専門的な放送の取り組み方ができる。それが、これからの時代なんだと思うんです」

---- ただ、それだとライト層のサッカーへの入口が限られてしまう課題もありますよね。

「おっしゃるとおりです。テレビの地上波で放送するという意義は、サッカーへの興味のなかった人の導入につながるところです。ただ、どちらがいいとか悪いとかではなく、両方のよさをうまく使うべきなんでしょうね。いろんな角度からサッカーの見方を提供していく時代になれば、ライト層もコア層もそれぞれのレベルに応じてサッカーを観ることが楽しめるんだと思います」

---- そうなると、視聴者層に応じて解説者の話す内容も変わるのでしょうね。

「解説もいろんな手法があっていいと思います。ペイパービューが一般的になれば、解説者の個性がもっと前面に出てくるんじゃないかな」

---- 解説者の戸田和幸さんはネット中継向けになるんでしょうね。

「彼はすでに解説者として自分の色を持っていますよね。専門性の高いサッカー解説を聞きたい人には、日本選手でも海外選手でもよく知っているし、戦術面もよく研究されている戸田さんの解説はプラスになると思いますね」

続きを見る

関連記事(外部サイト)